愛知県名古屋市名東区一社 トリガーポイント アナトミートレイン リラクゼーション ボディケア アロマケア オイルケア フェイスケア マタニティ マッサージ 指圧 筋膜

 リラクゼーションルーム ファシア

トリガーポイントの講演 - 監修の斉藤先生ブログ

さいとう整形外科リウマチ科の院長 斉藤究です。

今日は神経障害性疼痛の治療薬 リリカや、慢性疼痛の治療薬 トラマールなどのお薬メーカーであるファイザーで社内講演に呼んでいただきました。

薬剤メーカーの講演では、どのように薬を使い分けるか、自社の薬剤の使いどころは、などを求められることも多いのですが、今日は

「いかにお薬を使わず痛みを治すか」

についてお話してこようと思います。

私自身、開業前に比べて痛み止め関連薬の処方は激減しています。

それは、5年前に開業してから筋肉や筋膜の性質に注目し、トリガーポイントへの注射とリハビリを重視して治療の経験を積んできたからに他なりません。

痛みが身体の広範囲に及び、痛みが強い時期には前出のお薬の力も借りることがあります。しかし、漫然といつまでもいつものお薬ね、と処方し続けるだけの診療はしません。

できるだけ痛みの原因をつきとめ、注射とリハビリで痛みを軽減させ、消失させることを目標として治療しています。

その過程で、これまでロキソニンが手放せなかった頭痛が月に一回注射するだけでよくなったり、沢山の種類のお薬を内服していた人の痛み止めがだんだん減っていったりします。

ロキソニンやボルタレンといった痛み止めでは胃腸障害による潰瘍と出血、小腸の粘膜障害による腸管閉塞、そして腎機能への影響も言われています。

トラマールやリリカは比較的安全に長期に飲めますが、中には吐き気やふらつきの出る方もいます。

いずれにせよ、お薬は少ないに越したことはありませんものね。

自分でも筋肉にできたトリガーポイントを丁寧にほぐすことで、かなりの痛みは軽減できます。しかし、患者さんに自分でやってね、と教えてあげるのですが、なかなか自分ではこまめにセルフマッサージを続けるのはめんどくさいようです。

全身のトリガーポイントをほぐしてくれる場所としてリラクゼーションルーム ファシアをつくったのも、その理由があるからです。

実際に、さいとう整形外科で頑固な肩こりに対して繰り返し注射に通われていた方が、ファシアで全身をほぐしてもらうようになってから注射しなくて良くなった、という声も聞こえ始めています。

いかにコリを溜めず、全身のトリガーポイントをこまめにほぐしておくかが、痛みを予防する第一歩になります。

リラクゼーションルーム ファシアが、痛みの出づらい身体づくりのお手伝いをできれば幸いです。

リラクゼーションルームファシア
名古屋市名東区一社2-3
名東一社ビル1階
★東山線一社駅2番出口から徒歩一分以内
電話︎ 052-753-3235
※予約優先

※LINEでご登録して頂くとお得な情報をゲットできます!ご登録お待ちしております!!
友だち追加