愛知県名古屋市名東区一社 トリガーポイント アナトミートレイン リラクゼーション ボディケア アロマケア オイルケア フェイスケア マタニティ マッサージ 指圧 筋膜

 リラクゼーションルーム ファシア

スタッフブログ

リラクゼーションルーム ファシアのスタッフによるブログです。

2017年09月10日(日)
2017年09月06日(水)
2017年08月31日(木)
2017年08月25日(金)
2017年08月19日(土)
2017年08月12日(土)
2017年08月02日(水)

こんばんは、筧です😊

 

 

レディーガガさんが、ご自身が線維筋痛症(せんいきんつうしょう)であることを公表されましたね。

 

線維筋痛症。

 

みなさん、聞いたことありましたか??

 

私は、ファシアで働くまでは聞いたことがありませんでした💦ところが、ファシアで働き始めてからこの病気の名前を度々聞くようになりました。

 

多くの方がこの病気と闘っていらっしゃいます。
リラクゼーションの私達がお手伝いできること。

 

それは、ガチガチに緊張している全身の筋膜・筋肉に手を当てることです✋🏻

 

 

手当てとは不思議なもので、ガチガチで痛みに敏感だった身体がゆっくりですがゆるまってくるのです🍀

 

 

もし、線維筋痛症でお悩みの方がいらっしゃいましたら、ぜひ弊店の

 

トリガーポイントボディケア

 

をお試しいただきたいと思います。

 

 

【名古屋トリガーポイント治療院】の鍼灸・筋膜リリース

>> 名古屋トリガーポイント治療院HP

 

【さいとう整形外科リウマチ科】のトリガーポイント注射

>> さいとう整形外科リウマチ科HP

 

も心強い味方です!!

 

 

三本の矢で、みなさまの痛みを和らげるお手伝いをいたします!!💪🏻💪🏻💪🏻

 

 

リラクゼーションルームファシア
名古屋市名東区一社2-3
名東一社ビル1階
★東山線一社駅2番出口から徒歩一分以内
電話︎ 052-753-3235
※予約優先

※LINEでご登録して頂くとお得な情報をゲットできます!ご登録お待ちしております!!

友だち追加

さいとう整形外科リウマチ科の院長
斉藤究です。

日本ではまだまだ認知が広がっていない
線維筋痛症という病気があります。

レディガガさんが今回活動休止した理由が
この線維筋痛症だったとのことですね。

ALSも一大ムーブメントになりましたが
世界的アーティストが
病名をカミングアウトすることの
影響力は大きいでしょうね。

線維筋痛症という病気は、
身体中が痛くなって、
ひどいとベッドの上で寝返りしたときに
自分の体が重力でベッドに当たることすら
痛いと感じる人もいます。

一般的には
脳の病気と考えられる傾向があり、
慢性疼痛に対する薬物治療が
治療の中心となりますが
トリガーポイントや、
筋膜治療の観点から考えると
少し違って見えてきます。

最初は体の一部分の痛みであったものが、
その痛いところをかばって
日常生活を送っている間に
かばっているところまで痛くなってきて
それが次第に広範になり、
全身に広がったもの

と捉えると、
いきなり脳が悪くなったわけではなく
筋膜障害の連鎖が全身に広がり
脳の痛覚の過敏性が高まってしまったもの
と考えることができます。

実際に、痛みの研究では
下降性疼痛抑制系といって
脳が体の痛みを自然に抑えようとしてくれる
仕組みが存在しているとされています。

慢性疼痛の人では、
その下降性疼痛抑制系の働きが
弱くなることも知られています。

ストレスや睡眠障害は
交感神経の興奮により
さらに痛みが増幅します。

そのため、その人の状態に合わせた
慢性疼痛治療薬や睡眠薬を適切に使いながら、
痛みの本当の原因である
筋膜の治療を行うことが大切になってきます。

当院では、
慢性疼痛を理解した薬物療法はもちろん、
トリガーポイントへの注射や筋膜リリースで
痛みの原因にアプローチすることで
症状の改善を目指しています。

広範な痛みの患者さんでは、
リハビリへの通院だけでなく、

関連施設である
名古屋トリガーポイント治療院での
トリガーポイント鍼治療や

リラクゼーションルームファシアでの
全身を緩めてリラックスすることで
交感神経を鎮めて
副交感神経を優位にさせる
ハンドセラピーを提供しています。

レディガガさんが
どんな治療をされるのかはわかりませんが
今回のニュースを機に
今まで原因のわからない痛みで
悩んでいた人たちに
そこから抜け出す光が差し込むと良いですね。

痛みの総合的な診断と治療
さいとう整形外科リウマチ科
名古屋市名東区平和が丘1-10
052-776-3110

トリガーポイント針治療と筋膜リリース
名古屋トリガーポイント治療院
名古屋市名東区一社2-3名東一社ビル1階
052-753-3231

癒しの空間でトリガーポイントをほぐして痛みを予防
斉藤院長監修の全身もみほぐし
リラクゼーションルームファシア
名古屋市名東区一社2-3名東一社ビル1階
052-753-3235

できる限り削らない抜かない歯科治療と肩こり用マウスピース作成
DENTAL OFFICE 斉藤歯科室
名古屋市千種区末盛通3-34
052-763-0878

こんにちは、セラピストの片岡です。

日中は日差しは強いものの、
秋の気配を感じるこの頃ですね。

皆様いかがお過ごしでしょうか

ご心配をおかけしております怪我も順調に
回復し、アロマケアも復帰となりました。

ボディケアとの組み合わせのロングコースも
もちろんお申し込み頂けます。

気温差が激しい季節の変わり目です。
夏の疲れを取りにどうぞお越しくださいませ(^.^)

bbc18c58-5bfb-468a-ba41-2e2865133ad9

朝がた、肩まわりが冷やっとして目が覚める高橋です。

夏の終わりを着々と感じていますが、薄着の季節から羽織もので体形が隠せる季節になりますね。夏は腹筋を鍛えた方も多いと思いますが、反対に何もしなかった方も多いと思います。オーバーワークで酷使された筋膜が硬くなるのは想像できますが、筋肉をなまけさせすぎたために、それを包む筋膜が硬くなり委縮することもあるようです。

たとえばイスの背もたれに体を預け続けると、腹筋も背筋もあまり使いません。動かさない部位があると、脳はそこを動かすことを忘れ、やがて使われなくなります。筋膜は伸縮性を失い、癒着を起こし小さな塊ができていくということです。私のお腹、伸びまくりなんですが・・と、思いましたが、意外と脂肪の奥の腹筋は硬くなっている気がしました。

昨日、監修の斉藤先生から腹筋を触診するレクチャーを受けました。腰痛の方などは腹筋が硬くなっている場合が多いため、腹筋をほぐすことが大事とのことでした。自分でさわれるお腹をほぐしたら腰がラクになるなんて、腰痛の方には目からウロコですね♪

お腹の3ない運動。『冷やさない、縮めない、ふんぞり返らない』いかがでしょうか?

 

高橋

 

 

 

 

 

休日に名駅に行きました。人混みが苦手で出不精な高橋です。

KITTEが出来て1年たつんだ、そういえばゲートタワーが出来たんだ、とキョロキョロしてしまいました。すっかり時代に乗り遅れています(笑)。人混みに行くと頭が痛くなる時があるのですが、その日は快適にブラブラ過ごせました。建物の天井は高く、空間も広く、人がいてもなんだか空気の通りも良く、疲れたら座れるように椅子の用意があったりと、居心地良く過ごせる工夫がたくさんあったお陰かもしれません。

人混みでの不調は、外からの刺激(騒音、悪い空気、酸素不足、匂い、光など)に脳が反応して頭が痛くなるようです。夏との関係を考えてみると、暑さで血管が拡張されて神経が圧迫される、自律神経のバランスが乱れ血圧が上がる、外と中の気温差の影響、などが頭痛を引き起こします。もう少し調べてみると、水分不足も頭痛の原因になったりするようです。水分が足りなくなると、血液がドロドロになり血流が悪くなり頭痛が起きる、ということです。

また、夏のコリからくる頭痛の原因が、クーラーで冷やしすぎた筋肉の血行不良だとすれば、筋肉をほぐして血の巡りを良くすれば、頭痛もラクになるということですね。

アロマでも頭痛の応急処置ができます。頭痛にはペパーミントが最適です。ペパーミント精油を1滴ほどティッシュに落として首元やこめかみにしばらくあててみて下さい。肌への刺激が強いので注意が必要です。(高血圧、てんかん、妊娠中、授乳中、敏感肌の方は使用しないで下さい)ロキソニンを飲むより身体に優しいですね。

水分をこまめにとり、筋肉をほぐして、頭痛を予防したいですね♪

 

高橋

 

 

 

 

こんにちは、セラピストの片岡です。

足の怪我でご心配をおかけしておりましたが、
先日より復帰し、ボディケア、オイルケアの施術に
入らせていただいております。

アロマケアについては9月初旬には復帰予定です。
またこちらでお知らせ致しますので、よろしくお願いいたしますm(__)m

お待ちいただいている皆様、
これから出会う皆様、
晩夏のお疲れを精一杯の感謝を込めて施術させて頂きます(*^^*)

片岡

残暑の中、時には荒れる空模様もあったお盆でしたが、リフレッシュできてやる気がみなぎっている高橋です。

お盆明けのファシアには、たくさんのお客様にご来店いただきました。施術したお客様の訴えに『コリからくる頭痛でつらい』との声が多くありました。私自身も誰かにほぐしてもらいたい時は、たいてい頭が痛くなってきた時です。お腹が痛い時や腰が痛い時と同じで、頭が痛くなりそうな程に首や肩がはってくると、自然に痛いところに手がいっています。

頭の重さは5㎏と言われるので、それを支える首は大変ですよね。とくに猫背の人は、前に出た頭を首の後ろ側で必死に支えるため、よけいに負担がかかります。また、パソコンやスマホの見すぎ、ソファで寝てしまった、など何気ない姿勢の悪さからも筋膜への負担が影響し、慢性的な頭痛が起こると言われます。重い肩こりの方が頭痛で悩んでいるのは多いですよね。

頭が重く不快な感じがしてきた時は、頑張っている首をほぐしてみて下さい。テニスボールでは難しいので自分の手でほぐしますが、指もだんだんと疲れてくるので、私の場合は、指の太さに近くて先が丸まった棒で代用しています。

左耳の後ろ斜め下の、髪の生え際あたりを、左手の指先で押す(反対側も同様に)。目や頭痛を感じる部位に響くように圧をかけると、よくほぐれます。座ったままでもできるので、デスクワークの合間などでもやってみて下さいね。

私は、夏と頭痛の関係を調べたいと思います。

高橋

 

 

さいとう整形外科リウマチ科の院長 斉藤 究です。

ファシアは8/15日までお盆休みをいただいております。
スタッフ達もしっかり充電して、またお盆明けからはお客様をたくさん癒してくれることと思います。

さて、おやすみ中に届いたメルマガを紹介しますね。
巷では 引き寄せの法則 とか言われていますよね。
目標高く前を向いている人のところにはそういう人が集まり、後ろを向いて同じところに留まろうとする、またはもっと易きに流れようとする人にはそういう人が集まる。

後ろ向きな人には知らず知らずにネガティヴなパワーが溜まり、自分もそちらに引き込まれていつの間にかどっぷりネガティブ沼に浸かっているのではないでしょうか。
体の重さやコリ、痛みも、そんなところから生まれてくることもあります。

考え方で楽になることも多々あります。

緊張を司る交感神経の興奮を抑えて、リラックスの副交感神経を”意識的に”働かせるように努める。

いつも前向きで明るいエネルギーを持って、片意地を張らず心も体もリラックスしていたいものですね。

キーワードは、斉藤ひとりさんの言う天国言葉ですね。

愛してます
ついてる
うれしい
楽しい
感謝してます
しあわせ
ありがとう
ゆるします

今日はメルマガ 「人の心に灯をともす」 から、こんなお話のご紹介です。

【呼べばやってくる】2906

精神科医、斎藤茂太氏の心に響く言葉より…

《幸も不幸もない。 要は心の持ち方一つなのだ。》(シェークスピア)“斎藤茂太”

何でも他人のせいにする人がいる。

それを「他罰(たばつ)」と言うが、晩年、生きがいもなく、孤独になり、わが身の不幸をかこつ人が現役時代にいかなる生活を送っていたかを調べると、他罰傾向が強く、すべてを不幸と結びつけていることがわかった。

私もこの頃「失敗」が増えた。

つい先日、羽田空港の公衆電話の上に帰りの航空券を忘れた。

私は大喜びで「自分史」の老化への過程の中に書き加えた。

「失敗は成功のもと」とつぶやきながら。

『心を豊かにする100の言葉』PHP

時実新子(ときざねしんこ)さんにこんな言葉がある。

「太郎を呼べば太郎がくる」

これは、時実さんが祖母から教えてもらった言葉だそうだが、「不幸を呼べば不幸がくる。幸せを呼べば幸せがくる」という意味だという。

我々は日ごろ、色々なものを呼んでいる。

グチや不平不満・文句とかを言っていれば、グチや不平不満を言いたくなるような状況がやってくる。

つまり、グチや不平不満を呼んでいる。

ツイてるとか、うれしいとか、楽しいと言っていれば、運や、うれしいこと、楽しいことがやってくる。

つまり、運や、うれしいこと、楽しいことを呼んでいる。

すべての今起きている現象は、自分が呼んだからやってきている。

「幸も不幸もない」

世の中には、「幸」という現象も、「不幸」という現象もない。

自分がある現象を見てそう感じただけ。

つまり、「幸せ」を呼べば「幸せ」が来る。

だからこそ、「呼ぶ」ことが大事。

いいことも悪いことも、呼べばやってくる。

どんなときも「幸せ」を呼ぶ人でありたい。

■新メルマガの登録と解除はこちらから
http://hitonokokoro.com/

■「人の心に灯をともす」のfacebookページです♪
http://www.facebook.com/hitonokokoro

■【人の心に灯をともす】のブログはこちら
http://ameblo.jp/hiroo117/

★Google+始めました!
https://plus.google.com/b/115426645501816794861/

週末、歩き疲れた高橋です。

私はどすんどすんと着地するような歩き方をするクセがあります。体に負担になっているなら直さないと、と思っていますが、今さらどう歩けばいいのかな?と自問しています。

いつも同じ側でバッグを背負う、一方の脚だけに体重を乗せて立つ・・ちょっとしたクセでも365日、何年も続ければ疲労が溜まりますね。姿勢や日常動作のクセによって体に負荷がかかると、小さなこぶ状の塊が筋膜に出来てしまいます。これが血管を押しつぶして血流を悪化させます。

塊が出来たてだったり数が少なかったりすれば、入浴や睡眠、運動などで血流を促して筋膜をゆるめれば消えていきます。しかし過労や不眠、冷えなどの体や心へのストレスがかさむと、次第にトリガーポイント化して痛みが生じます。

私の疲労が溜まった脚は、ゆっくりお風呂も入れずほったらかしにされています。酸欠状態で悲鳴をあげている筋肉・筋膜の血の巡りを良くして、痛みに変わる前にケアしようと思います。

巻きタオルやテニスボールなどを使って、ふくらはぎをゴシゴシ押し伸ばそうと思います。ついでに脚も細くなったら嬉しいです。

 

高橋

 

 

こんにちは、セラピストの片岡です(^.^)
毎日暑いですが皆様、いかがお過ごしでしょうか

本日は皆様にお詫びしなければならないことが、、、

今朝、私の不注意で足をひどい捻挫をしてしまいました。
とりあえず2週間安静だそうで、指名をいただいているお客様にご心配とご迷惑をおかけしております。

復帰の目処につきましては経過しだいですので
またこちらでご報告させていただきます。
よろしくお願い申し上げますm(__)m

暑さ厳しい折りですので、
皆様、どうかお身体ご自愛くださいませ(^.^)