愛知県名古屋市名東区一社 トリガーポイント アナトミートレイン リラクゼーション ボディケア アロマケア オイルケア フェイスケア マタニティ マッサージ 指圧 筋膜

 リラクゼーションルーム ファシア

スタッフブログ

リラクゼーションルーム ファシアのスタッフによるブログです。

2016年02月28日(日)
2016年02月28日(日)
2016年02月28日(日)
2016年02月26日(金)
2016年02月24日(水)
2016年02月21日(日)
2016年02月19日(金)
2016年02月18日(木)
2016年02月17日(水)

imageさいとう整形外科リウマチ科の院長 斉藤究です。

今日は名古屋トリガーポイント治療院の山崎院長に、日頃の診察で疲れた左腕の治療をしてもらいました。

左肘の内側が痛くなる、左上腕骨内側上顆炎という状態なのですが、慢性の前腕の筋肉の疲労から、とうとう筋肉の骨への付着部で炎症が起こり、持続的に痛みの出てくる状態です。

さいとう整形外科リウマチ科にも、肘の外側や内側の痛みの患者さんが見えると、まずはエコー検査を行います。

その時に、付着部に赤々と炎症像が見えると、炎症を抑えるステロイドを注射する必要があります。

エコーで炎症が見えない場合は、そこまで状態が悪化していないと判断して、その原因となる筋肉を治療するようにしています。

僕の肘の場合は、エコーで見るとまだ赤い炎症像は少なかったため、周囲の筋肉に山崎院長に鍼治療を行ってもらいました。

山崎院長は、細い鍼を使ってとても丁寧に刺鍼してくれるのでほとんど痛くありません。

治療後は即時的に痛みは2/10程度に減り、手関節を屈曲する動作にも力が入るようになりました。

トリガーポイントと鍼治療の組み合わせはとても有効です。

コリが痛みに変わってしまった場合には、ファシア隣接の名古屋トリガーポイント治療院もお試しくださいね。

コリの強い部分へのクイックお試し鍼灸のメニューもありますよ。

リラクゼーションルームファシア
名古屋市名東区一社2-3
名東一社ビル1階
★東山線一社駅2番出口から徒歩一分以内
電話︎ 052-753-3235
※予約優先

※LINEでご登録して頂くとお得な情報をゲットできます!ご登録お待ちしております!!

友だち追加

さいとう整形外科リウマチ科の院長 斉藤究です。

水曜日は午前中で診療が終わりなので、午後からはファシアで講義を行いました。

テーマは、腰痛のリスクマネジメントです。

椎体と椎間板や神経の走行など、脊椎の構造から引き起こされる椎間板ヘルニアや腰部脊柱管狭窄症を理解してもらいました。

また、怖い腰痛として高齢者の圧迫骨折や、癌の既往のある方では転移性腫瘍、原発性骨腫瘍、感染などの脊椎疾患の講義を行いました。

また、ぎっくり腰のメカニズムや、腰痛の85%は画像検査で原因が不明とされるが、ほとんどは筋肉筋膜が引き起こしていると考えられることをお話ししました。

ファシアから名古屋トリガーポイント治療院、そしてさいとう整形外科リウマチ科と、適切に個々のお客様に適した治療体制をご紹介できるような体制を築いていきたいと思います。

リラクゼーションルームファシア
名古屋市名東区一社2-3
名東一社ビル1階
★東山線一社駅2番出口から徒歩一分以内
電話︎ 052-753-3235
※予約優先

※LINEでご登録して頂くとお得な情報をゲットできます!ご登録お待ちしております!!

友だち追加

セラピストのはまだです。

今日は東京マラソンが行われましたね。

ランニング仲間も出場し見事快走したと報告がありました!

が…「足腰ガクガク~」とのこと(>_<)

いつもより激しい運動後は、筋肉が疲労し緊張状態にありそのまま放置しておくとかたくなってしまいます(-_-;)

走り終えた直後はすぐにでも倒れ込みたいところですが、アイシングやゆっくりとしたストレッチでのセルフケアが大事ですね。

また、時には人の手によるリラクゼーションで高まった神経の活動レベルを安静状態に戻していき、心身ともにゆったりとリラックスして頂くのも良いかと思います!(^^)!

3月にはここ名古屋でも名古屋ウィメンズマラソン(今回は私、抽選ではずれてしまいました…残念)、名古屋シティマラソンが行われますね。

ランナーの皆様、ケガなく楽しく走ってくださいますよう応援いたしておりまーす\(^o^)/

リラクゼーションルームファシア
名古屋市名東区一社2-3
名東一社ビル1階
★東山線一社駅2番出口から徒歩一分以内
電話︎ 052-753-3235
※予約優先

※LINEでご登録して頂くとお得な情報をゲットできます!ご登録お待ちしております!!
友だち追加

 

 

こんばんは。
リラクゼーションルーム ファシア店長をさせていただいています渡邉です。

私事、最近は小豆ぜんざいを美容と健康のため、毎日のように食べています。

小豆には、良質なたんぱく質をはじめ、豊富なビタミン、カルシウム、食物繊維が含まれています。
また「サポニン」という成分がむくみに効果的で代謝を活発にし、抗酸化作用で美肌効果もあるようですよ😄

「サポニン」😆✨なんとも可愛らしい。
まだまだ寒い日が続きます。小豆のパワーで美味しく健康的に、そして美肌を目指します🎵

渡邉

リラクゼーションルームファシア
名古屋市名東区一社2-3
名東一社ビル1階
★東山線一社駅2番出口から徒歩一分以内
電話︎ 052-753-3235
※予約優先

※LINEでご登録して頂くとお得な情報をゲットできます!ご登録お待ちしております!!
友だち追加

セラピストの田口です。

「ロコモ」という言葉を耳にしたことがありますか?

正式名称は「ロコモティブシンドローム(和名:運動器症候群)」*通称ロコモ

「ロコモ」とは…骨、関節、椎間板、筋肉といった運動器のいずれか、あるいは複数に障害が起こり、

「立つ」「歩く」といった機能が低下している状態です。進行すると日常生活にも支障が生じてきます。

自立した生活が送れなくなり、支援・介護が必要となる原因のトップは「運動器の障害」によるもので、

脳卒中や認知症などよりも多いそうです。

ではここでロコモチェ~ック!!

片脚立ちで靴下をはけない

家の中でつまずいたり滑ったりする

横断歩道を青信号で渡りきれない

階段を上るのに手すりが必要

約15分続けて歩けない

2㎏程度の買い物をして持ち帰るのが困難

家のやや重い仕事が困難である(掃除機の使用や布団の上げ下げなど)

この7つの項目のうち1つでも該当された方は「ロコモ」の危険があるかも・・・

 

大切なのは何といっても筋肉ですねぇ~

トレーニングをして体を鍛えましょう~!!!

続きは次回に説明させていただきたいと思います。

 

リラクゼーションルームファシア
名古屋市名東区一社2-3
名東一社ビル1階
★東山線一社駅2番出口から徒歩一分以内
電話︎ 052-753-3235
※予約優先

※LINEでご登録して頂くとお得な情報をゲットできます!ご登録お待ちしております!!
友だち追加

 

 

 

 

さいとう整形外科リウマチ科の斉藤です。

本日のテレビ番組駆け込みドクターでは、肩こり、腰痛の改善法が紹介されていました。

スピードワゴンの井戸田さんは、猫背で顎が前に出た姿勢性の肩こりと診断されていました。

顎が前に出たり、胸椎が後ろに飛び出た猫背は、首の後方の筋肉が引き伸ばされ、また前方に移動した頭を引っ張るために首の後方の筋肉はいつも緊張しています。

これが姿勢性の肩こりの原因となります。

パソコン作業や趣味の手芸などで根を詰めると、緊張を強いられた僧帽筋や肩甲挙筋が固まってくるためです。

トリガーポイント注射でひどい肩こりを治療したとしても、姿勢が悪かったり、下向きの作業を続ければ必ずまた肩こりは起こります。

そのため、僕の外来でもいつも姿勢の指導や、仕事環境のアドバイスをしています。

番組では、
壁に背中をつけて頭を後方に5秒間押すことを3セット
手を広げ、親指を後ろに向けて深呼吸
肘を90度に曲げて脇を締めて、手を外側に広げながら息を吸う運動
肘を曲げて肩に手を置いて、肘を外回し、内回しをそれぞれ5回
などが紹介されていました。

それだけではなく、肩こりは肩だけが原因なのではなく、全身のコリが肩の筋肉を引っ張っていることも原因となっています。

そのため、肩周辺だけをほぐすよりも、全身をほぐすことが効率よく肩こりを改善に導くことにつながります。

そのため、僕が特にコリのひどいところにトリガーポイント注射をしたあと、全身をほぐすためにリラクゼーションルーム ファシアでの全身トリガーポイントほぐしをお勧めしています。

また、腰痛の原因として、番組の中では椎間板ヘルニア、お酒によるビタミンB1欠乏症、ギックリ腰が紹介されていました。

腰痛の原因として、筋力低下や知覚障害、排尿排便障害、歩行障害があるのは椎間板ヘルニアや腰部脊柱管狭窄症などによるものも考えられます。

また、50歳以上の女性では骨粗鬆症のリスクも上がるため、急激な腰痛が骨粗鬆症をベースとした圧迫骨折である場合もあります。

もんでも治らない腰痛ならば、必ず医師にかかる必要がありますね。

番組では、ギックリ腰予防としてハムストリングスのストレッチを1日10回やりましょう、と紹介されていました。

その他、ふくらはぎや足の裏をしっかりほぐしておくことも、腰痛予防にとても効果的です。

毎日自分の体に硬い部分がないか、ストレッチやマッサージをしておくことが大切です。

リラクゼーションルームファシア
名古屋市名東区一社2-3
名東一社ビル1階
★東山線一社駅2番出口から徒歩一分以内
電話︎ 052-753-3235
※予約優先

※LINEでご登録して頂くとお得な情報をゲットできます!ご登録お待ちしております!!
友だち追加

セラピストのはまだです。

数週間前、バタバタと気忙しい日が続き睡眠が足りていなかったせいか…体調を崩してしまいました(-_-;)

その際、有難いことにスタッフが休憩時間を使い私にケアしてくれたのです。

背中にあるその手のあたたかいこと(*^_^*)

一瞬でうとうとしてしまい、首~背中のコリがほぐれ身体全体が軽くなりぽかぽかに!

背部の刺激は交感神経を抑制させ、副交感神経が優位になって自己免疫力があがります。

おかげで翌日からスッキリ元気に動けました\(^o^)/

改めて身体の大切さ日々のメンテナンスの大切さ、そして仲間の優しさを感じた日でした。

リラクゼーションルームファシア
名古屋市名東区一社2-3
名東一社ビル1階
★東山線一社駅2番出口から徒歩一分以内
電話︎ 052-753-3235
※予約優先

※LINEでご登録して頂くとお得な情報をゲットできます!ご登録お待ちしております!!
友だち追加

 

こんにちは。
リラクゼーションルームファシア店長の渡邉です。

今日はお顔の頬の筋肉について。
面積が広くお顔の印象を決めやすい頬です。
小頬骨筋(しょうきょうこつきん)、大頬骨筋(だいきょうこつきん)などが頬の重要な筋肉です。

私は休憩時間やお家でテレビを見ながら、入浴しながらこの筋肉を手でグリグリ✊して鍛えるようにしています。

ファシアのフェイシャルトリートメント💆でもこれらの筋肉にアプローチしたトリートメントを行っていますよ🎵
頬が上がっていると引き締まって見えます✨より素敵な笑顔のためにおすすめです。

渡邉

リラクゼーションルームファシア
名古屋市名東区一社2-3
名東一社ビル1階
★東山線一社駅2番出口から徒歩一分以内
電話︎ 052-753-3235
※予約優先

※LINEでご登録して頂くとお得な情報をゲットできます!ご登録お待ちしております!!

友だち追加

こんにちは、セラピストの長井です。

春の訪れのこの時期は自律神経が乱れやすい。とよく聞きませんか??

春は、一年の中で気温や気候の変化が激しい季節なのです。

暖かくなったり寒くなったりする日々の気温差は私たちの「体」にも大きなストレスを与えています。

そんな生活が続くと、体温調節を担っている自律神経はその変化に対応しきれず疲れてしまい、

うまく働かなくなってしまいます。

活動する時間と休息する時間のメリハリが大切なこの時期は

睡眠をしっかりとって生活リズムを整えること、朝日を浴びて体内時計を整えるなどなど…

そしてゆっくりとリラックスすること(´V`)

ファシアのアロマトリートメントを取り入れてリラックスしてみませんか?

ほっと休まる香りとセラピストの手に触れられるトリートメントでゆっくり心と身体をリラックス。

アロマブレンドの中からお好みの香りでゆっくりと自分の身体をケアする時間はいかがでしょうか。

活動的な春に向けてファシアでリフレッシュしてください。

ご来店お待ちしております♪

リラクゼーションルームファシア

名古屋市名東区一社2-3

名東一社ビル1階

★東山線一社駅2番出口から徒歩一分以内

電話︎ 052-753-3235

※予約優先

※LINEでご登録して頂くとお得な情報をゲットできます!ご登録お待ちしております!!

友だち追加

さいとう整形外科リウマチ科の院長 斉藤究です。

今日は神経障害性疼痛の治療薬 リリカや、慢性疼痛の治療薬 トラマールなどのお薬メーカーであるファイザーで社内講演に呼んでいただきました。

薬剤メーカーの講演では、どのように薬を使い分けるか、自社の薬剤の使いどころは、などを求められることも多いのですが、今日は

「いかにお薬を使わず痛みを治すか」

についてお話してこようと思います。

私自身、開業前に比べて痛み止め関連薬の処方は激減しています。

それは、5年前に開業してから筋肉や筋膜の性質に注目し、トリガーポイントへの注射とリハビリを重視して治療の経験を積んできたからに他なりません。

痛みが身体の広範囲に及び、痛みが強い時期には前出のお薬の力も借りることがあります。しかし、漫然といつまでもいつものお薬ね、と処方し続けるだけの診療はしません。

できるだけ痛みの原因をつきとめ、注射とリハビリで痛みを軽減させ、消失させることを目標として治療しています。

その過程で、これまでロキソニンが手放せなかった頭痛が月に一回注射するだけでよくなったり、沢山の種類のお薬を内服していた人の痛み止めがだんだん減っていったりします。

ロキソニンやボルタレンといった痛み止めでは胃腸障害による潰瘍と出血、小腸の粘膜障害による腸管閉塞、そして腎機能への影響も言われています。

トラマールやリリカは比較的安全に長期に飲めますが、中には吐き気やふらつきの出る方もいます。

いずれにせよ、お薬は少ないに越したことはありませんものね。

自分でも筋肉にできたトリガーポイントを丁寧にほぐすことで、かなりの痛みは軽減できます。しかし、患者さんに自分でやってね、と教えてあげるのですが、なかなか自分ではこまめにセルフマッサージを続けるのはめんどくさいようです。

全身のトリガーポイントをほぐしてくれる場所としてリラクゼーションルーム ファシアをつくったのも、その理由があるからです。

実際に、さいとう整形外科で頑固な肩こりに対して繰り返し注射に通われていた方が、ファシアで全身をほぐしてもらうようになってから注射しなくて良くなった、という声も聞こえ始めています。

いかにコリを溜めず、全身のトリガーポイントをこまめにほぐしておくかが、痛みを予防する第一歩になります。

リラクゼーションルーム ファシアが、痛みの出づらい身体づくりのお手伝いをできれば幸いです。

リラクゼーションルームファシア
名古屋市名東区一社2-3
名東一社ビル1階
★東山線一社駅2番出口から徒歩一分以内
電話︎ 052-753-3235
※予約優先

※LINEでご登録して頂くとお得な情報をゲットできます!ご登録お待ちしております!!
友だち追加