愛知県名古屋市名東区一社 トリガーポイント アナトミートレイン リラクゼーション ボディケア アロマケア オイルケア フェイスケア マタニティ マッサージ 指圧 筋膜

 リラクゼーションルーム ファシア

スタッフブログ(カテゴリ:監修の斉藤先生ブログ)

監修の斉藤先生によるブログです。

2017年08月12日(土)
2017年05月28日(日)
2017年05月03日(水)
2017年04月02日(日)
2017年03月29日(水)

さいとう整形外科リウマチ科の院長
斉藤究です。

日本ではまだまだ認知が広がっていない
線維筋痛症という病気があります。

レディガガさんが今回活動休止した理由が
この線維筋痛症だったとのことですね。

ALSも一大ムーブメントになりましたが
世界的アーティストが
病名をカミングアウトすることの
影響力は大きいでしょうね。

線維筋痛症という病気は、
身体中が痛くなって、
ひどいとベッドの上で寝返りしたときに
自分の体が重力でベッドに当たることすら
痛いと感じる人もいます。

一般的には
脳の病気と考えられる傾向があり、
慢性疼痛に対する薬物治療が
治療の中心となりますが
トリガーポイントや、
筋膜治療の観点から考えると
少し違って見えてきます。

最初は体の一部分の痛みであったものが、
その痛いところをかばって
日常生活を送っている間に
かばっているところまで痛くなってきて
それが次第に広範になり、
全身に広がったもの

と捉えると、
いきなり脳が悪くなったわけではなく
筋膜障害の連鎖が全身に広がり
脳の痛覚の過敏性が高まってしまったもの
と考えることができます。

実際に、痛みの研究では
下降性疼痛抑制系といって
脳が体の痛みを自然に抑えようとしてくれる
仕組みが存在しているとされています。

慢性疼痛の人では、
その下降性疼痛抑制系の働きが
弱くなることも知られています。

ストレスや睡眠障害は
交感神経の興奮により
さらに痛みが増幅します。

そのため、その人の状態に合わせた
慢性疼痛治療薬や睡眠薬を適切に使いながら、
痛みの本当の原因である
筋膜の治療を行うことが大切になってきます。

当院では、
慢性疼痛を理解した薬物療法はもちろん、
トリガーポイントへの注射や筋膜リリースで
痛みの原因にアプローチすることで
症状の改善を目指しています。

広範な痛みの患者さんでは、
リハビリへの通院だけでなく、

関連施設である
名古屋トリガーポイント治療院での
トリガーポイント鍼治療や

リラクゼーションルームファシアでの
全身を緩めてリラックスすることで
交感神経を鎮めて
副交感神経を優位にさせる
ハンドセラピーを提供しています。

レディガガさんが
どんな治療をされるのかはわかりませんが
今回のニュースを機に
今まで原因のわからない痛みで
悩んでいた人たちに
そこから抜け出す光が差し込むと良いですね。

痛みの総合的な診断と治療
さいとう整形外科リウマチ科
名古屋市名東区平和が丘1-10
052-776-3110

トリガーポイント針治療と筋膜リリース
名古屋トリガーポイント治療院
名古屋市名東区一社2-3名東一社ビル1階
052-753-3231

癒しの空間でトリガーポイントをほぐして痛みを予防
斉藤院長監修の全身もみほぐし
リラクゼーションルームファシア
名古屋市名東区一社2-3名東一社ビル1階
052-753-3235

できる限り削らない抜かない歯科治療と肩こり用マウスピース作成
DENTAL OFFICE 斉藤歯科室
名古屋市千種区末盛通3-34
052-763-0878

さいとう整形外科リウマチ科の院長 斉藤 究です。

ファシアは8/15日までお盆休みをいただいております。
スタッフ達もしっかり充電して、またお盆明けからはお客様をたくさん癒してくれることと思います。

さて、おやすみ中に届いたメルマガを紹介しますね。
巷では 引き寄せの法則 とか言われていますよね。
目標高く前を向いている人のところにはそういう人が集まり、後ろを向いて同じところに留まろうとする、またはもっと易きに流れようとする人にはそういう人が集まる。

後ろ向きな人には知らず知らずにネガティヴなパワーが溜まり、自分もそちらに引き込まれていつの間にかどっぷりネガティブ沼に浸かっているのではないでしょうか。
体の重さやコリ、痛みも、そんなところから生まれてくることもあります。

考え方で楽になることも多々あります。

緊張を司る交感神経の興奮を抑えて、リラックスの副交感神経を”意識的に”働かせるように努める。

いつも前向きで明るいエネルギーを持って、片意地を張らず心も体もリラックスしていたいものですね。

キーワードは、斉藤ひとりさんの言う天国言葉ですね。

愛してます
ついてる
うれしい
楽しい
感謝してます
しあわせ
ありがとう
ゆるします

今日はメルマガ 「人の心に灯をともす」 から、こんなお話のご紹介です。

【呼べばやってくる】2906

精神科医、斎藤茂太氏の心に響く言葉より…

《幸も不幸もない。 要は心の持ち方一つなのだ。》(シェークスピア)“斎藤茂太”

何でも他人のせいにする人がいる。

それを「他罰(たばつ)」と言うが、晩年、生きがいもなく、孤独になり、わが身の不幸をかこつ人が現役時代にいかなる生活を送っていたかを調べると、他罰傾向が強く、すべてを不幸と結びつけていることがわかった。

私もこの頃「失敗」が増えた。

つい先日、羽田空港の公衆電話の上に帰りの航空券を忘れた。

私は大喜びで「自分史」の老化への過程の中に書き加えた。

「失敗は成功のもと」とつぶやきながら。

『心を豊かにする100の言葉』PHP

時実新子(ときざねしんこ)さんにこんな言葉がある。

「太郎を呼べば太郎がくる」

これは、時実さんが祖母から教えてもらった言葉だそうだが、「不幸を呼べば不幸がくる。幸せを呼べば幸せがくる」という意味だという。

我々は日ごろ、色々なものを呼んでいる。

グチや不平不満・文句とかを言っていれば、グチや不平不満を言いたくなるような状況がやってくる。

つまり、グチや不平不満を呼んでいる。

ツイてるとか、うれしいとか、楽しいと言っていれば、運や、うれしいこと、楽しいことがやってくる。

つまり、運や、うれしいこと、楽しいことを呼んでいる。

すべての今起きている現象は、自分が呼んだからやってきている。

「幸も不幸もない」

世の中には、「幸」という現象も、「不幸」という現象もない。

自分がある現象を見てそう感じただけ。

つまり、「幸せ」を呼べば「幸せ」が来る。

だからこそ、「呼ぶ」ことが大事。

いいことも悪いことも、呼べばやってくる。

どんなときも「幸せ」を呼ぶ人でありたい。

■新メルマガの登録と解除はこちらから
http://hitonokokoro.com/

■「人の心に灯をともす」のfacebookページです♪
http://www.facebook.com/hitonokokoro

■【人の心に灯をともす】のブログはこちら
http://ameblo.jp/hiroo117/

★Google+始めました!
https://plus.google.com/b/115426645501816794861/

さいとう整形外科リウマチ科の院長、斉藤究です。

さいとう整形外科には、毎日肩の痛みの患者さんが来られます。

肩の痛みといっても、患者さんが表現する「肩」という言葉には、首の根元から肩甲骨、背中、肩関節、上腕までが含まれています。

そのため、診察では「肩」のどの部分の痛みを感じているのか、ということから診断していきます。

肩の痛みと言っても内容は様々です。

四十肩や五十肩と一般には言われますが、その年代に肩の痛みが出る事が多い方からの俗称で、これは正式な病名ではありません。

肩の痛みをしっかりと触って触診し、検査によって確定診断する事が大切です。

頑固な肩こりは頭痛や肩甲骨から腕の痛み、時には手のしびれ感まで起こす事があります。筋肉が凝って伸びなくなれば肩関節にも当然影響するため、腕の上げ下げや背中に手を回すのもつっぱり感が出ることもあります。コリの診察は、トリガーポイントを触診する事が大切です。

スポーツ障害では、投球肩、関節唇損傷、腱板損傷のほか、肩周りの筋肉にトリガーポイントができて痛みの原因となっていることも非常に多く見られます。他院の検査で異常なしと言われても、まだ痛いという時には、トリガーポイントの診察を受けると良いですよ。

50代くらいになってくると、肩を動かす腱板が擦り切れてくる方もみえます。肩の上げ下げに制限はないのですが、動作の途中で痛みがでます。これを、ペインフルアークと言います。診察と超音波検査で診断が可能です。

突然の強い痛みでは、石灰沈着性腱板炎、石灰性腱炎と言って、肩の中に石灰がたまって炎症を起こすものがあります。とても痛くて、腕を少しも動かさなくなる事があるくらいです。レントゲンや超音波で確定診断します。

腕を前からあげる時に痛みが出るものには、上腕二頭筋腱炎というものがあります。肩前方の圧痛が強くて、超音波で見ると腱に炎症や水がたまっている所見が見えます。

関節リウマチやリウマチ性多発筋痛症では肩の中に炎症が起こって痛くなります。

そして何より、肩の痛みと動きの制限の王様は、肩関節周囲炎です。肩周りの筋肉、腱板、靭帯、関節を包む関節包、その全てが硬くなってしまうため、肩関節がガチガチに固まって動かなくなってしまいます。
英語ではFROZEN SHOULDERと呼ばれることもあり、氷のように固まって動かなくなってしまいます。特動作時の痛みと強い可動域制限、夜間痛が出ることもあります。

当院ではそれらの肩関節疾患に対して触診と超音波を駆使して診断し、注射とリハビリで治療を行っています。

トリガーポイントによるものや、石灰、炎症によるものでは、注射1回でも大幅な改善が得られることも多いですよ。もちろん、個人差はあります。

肩関節周囲炎は、注射の治療により夜間痛が減ったり、洋服の脱ぎ着が楽になったりという効果が見られます。他院でなかなか治らない肩の痛みがある方は、ご相談いただければと思います。
拘縮が強い場合には、元どおりの可動域を取り戻すのは、注射やリハビリを続けながら1年から1年半の時間がかかるものもあります。

そのほか忘れてはならない肩の痛みとしては、骨や筋肉の腫瘍であったり、骨壊死や変形性肩関節症による痛みの場合もあるため、レントゲンやMRI検査が必要なこともあります。

肩の痛みはなかなか正しく診断されていないことも多く、まだまだ他院で治らず困って当院に来る方も多いです。

肩の痛みを防ぐためには、日頃から猫背にならないこと、首と肩、肩甲骨をいろんな方向にしっかりと動かしておくこと。そして、首から肩、肩甲骨、上腕の筋肉をしっかり触って硬いところがあれば早めにほぐしておくこと。これで多くの肩の痛みは防げますし、軽いものならセルフ治療にもなりますよ。

痛みの総合的な診断と治療
さいとう整形外科リウマチ科
名古屋市名東区平和が丘1-10
052-776-3110

トリガーポイント針治療と筋膜リリース
名古屋トリガーポイント治療院
名古屋市名東区一社2-3名東一社ビル1階
052-753-3231

癒しの空間でトリガーポイントをほぐして痛みを予防
斉藤院長監修の全身もみほぐし
リラクゼーションルームファシア
名古屋市名東区一社2-3名東一社ビル1階
052-753-3235

できる限り削らない抜かない歯科治療と肩こり用マウスピース作成
DENTAL OFFICE 斉藤歯科室
名古屋市千種区末盛通3-34
052-763-0878

さいとう整形外科リウマチ科の院長監修
リラクゼーションルーム ファシアでは、リラクゼーションセラピストのパートさんを募集しています。

ファシアは、地下鉄東山線一社駅南にあります。

Fascia(ファシア)とは筋膜のこと
さいとう整形外科院長の監修による、解剖学的な筋肉と筋膜の配列を考慮したリラクゼーションでお客様の筋肉のコリと疲れを癒し、身体の痛みを未然に防ぐことがミッションです。

さいとう整形外科リウマチ科で行っている筋肉、筋膜が原因となる慢性の痛みに対するトリガーポイント治療、筋膜リリース治療には毎日たくさんの患者さんが訪れています。

しかし体中の筋肉のこわばりが痛みの原因になっている患者さんも多くみられ、ゆっくりと時間をかけて固くなった筋肉を解きほぐしてあげなければならない場合もあります。

巷にあふれるマッサージやリラクでは、十分な教育もされないままお客様の体に触れているお店が多く筋肉の性質を理解せずに、ただ与えられた時間を使ってお客様の体を押し続けるだけで、かえって筋肉が緊張してしまったりもします。

そこで、クリニックにおける保険診療では十分に時間をかけられない患者さん、既存のマッサージでは満足されていない方達に、しっかりと時間をかけて慢性の筋肉疲労やトリガーポイントを解きほぐし、ほぐれた!という結果を出し、そして痛みを未然に防ぐことが、ファシアでのお仕事になります。

現在のメニューは、トリガーポイント ボディケアを中心に、トリガーポイントフェイシャル、フット、ハンドに、オイルトリートメント、アロマトリートメントも行っております。

トリガーポイント治療院院長(鍼灸師)からの解剖学に根ざした技術伝達のほか、さいとう整形外科院長から直接施術のワンポイント講習も受けられます。

勤務地は地下鉄東山線一社駅南にある名東一社ビル1階です。(名古屋市名東区一社2-3)

今回はシフト制のパートさんの募集です。
時給は1000円+歩合給です。

応募資格は、
リラクゼーション経験者であること
土日祝日もシフトにて勤務可能10時から20時まで勤務可能なこと
しっかりと教育し、テストに合格してからの施術デビューとなるため、最低1年間は勤務可能なこと
です。

ご応募は
メールにて下記フォームをコピー&ペーストして
内容を記入しご送付ください。

**********************

顔写真
年齢
住所 
携帯番号
携帯メールアドレス
最終学歴
職歴(リラクゼーション関係の経験があれば内容も)
保有資格
配偶者の有無
扶養者の有無
通勤手段
当社の志望理由

**********************
メール送付先
fascia@outlook.jp
当院からの返送ができるように、
上記メールアドレスを迷惑メールから解除していただくようお願いいたします。

さいとう整形外科リウマチ科の院長 斉藤究です。

今日は久しぶりにゴルフに行って来ました。

練習もなかなかいけない中、数ヶ月ぶりのゴルフコースでしたが、ドライバーを持つとフックになってしまい、最後はドライバーを諦めてスプーンでティーショットを打つことにしました。

おかげでボール探しに坂道をたくさん歩いて、臀筋や前脛骨筋といったスネの筋肉もこりこり。

こんな時にファシアで揉んでもらえたら、足も軽くなるのになあ、と思いつつ、アップダウンのきついコースをセルフでラウンドしました。

日差しも思ったよりも強かったようで、腕や首は真っ赤になって軽いやけど状態。
日焼け止めしておけばよかったと後から後悔しました。

スコア?
いえいえ、日頃の運動不足解消になったので、それで今日の収穫は十分です( ;∀;)

筋肉のトリガーポイントは、自分の持つ筋力を上回る負荷がかかった時や、小さな負荷でも持続的に同じ動作が繰り返された時に形成されます。

今日はしっかりトリガーポイントをケアしてから明日の仕事に備えようと思います。

皆さんもスポーツのあとの筋肉疲労は、貯めずに早くほぐしておくと良いですよ。

さいとう整形外科リウマチ科の院長 斉藤究です。

人でも会社でも、悪いところはすぐ目についてグチや不平不満につながりやすいですが、良いところは意識をしないと、当たり前、と通り過ぎてしまいがちです。

できていないことに目くじらを立てて「なんでできていないんだ!」と怒ってしまう。
でも、できているときに褒めることは忘れてしまう。
ちゃんとやっているときに褒められるのも嬉しいですよね。

凡事徹底。家族でも仲間でも会社でも、当たり前のことをちゃんとやっている人に、「いつもありがとう」と声をかけることができれば、その人も嬉しくて当たり前のレベルが上がっていくのではないでしょうか。

さて、今日はメルマガ「魂が震える話」から、こんなお話のご紹介。

「3つの運」のお話です。

_______

私は、若い頃、メンターに「3つの運を持ちなさい」と教えられました。

「3つの運」とは?

(1) 上から引っ張り上げてもらう運

(2) 横から支えてもらう運

(3) 下から持ち上げられる運

自信がある人は、自分の力を頼りにします。

だから、ひとりよがりになりがちです。

何かしてもらわなくても、一人でやり遂げられると思っています。

それはけっして悪いことではありません。

けれども安定的に成功しようと思ったら、一人ではダメなのです。

助けてもらうことで、あなたが本来持っている運(力)が何倍にも大きく育っていきます。

それには、3つの運を上げることです。

年上に可愛がられ、仲間に応援され、下の人たちが、あなたのためだったらと駆けつけてくれる・・・そんな人間になることです。

運のいい人にもいろいろいますが、たいていは、この3つのうちの、どれか一つしか恵まれていません。

でも、他の二つとのバランスも大事なのです。

たとえば、目上から可愛がられる人は、仲間からは浮いてしまっているということはありがちです。それでは寂しいですね。

だから、3つの運をいつも意識しておきましょう。

目上だけ見ていてもダメだし、仲間や下の人たちだけでもダメです。

3つの運がそろって初めて、あなたは幸せに成功することができます。

_______

20代にしておきたい17のこと

本田 健 著

大和書房

_______

作家の志茂田景樹さんは、「運は努力に対するご褒美だ」と言いました。

上の人に好かれるのも、仲間に好かれるのも、下の人たちに好かれるのも、何もしないでいたらそりゃ好かれませんね。

最初は意識して、好かれる自分になることです。

無意識で好かれる人というのは、幼少期の頃から親や祖父母や教師等の教育に恵まれ、言われたことを素直に聞いて育った人なのではないでしょうか。

なんとなく過ごしていて、人に好かれることはまずないでしょう。

モテる人というのは、意識してモテているのです。

無意識でモテていたとしても、最初は必ず意識して好かれる行動をしていたはずです。

人が「運」を運んできます。

運が勝手にやってくるわけではないんですね~。

「運」=「人に好かれる」だとしたら、運を良くするのは簡単です。

・人の嫌がることをしない。

・人が喜ぶことをする。

そしてその中身は、人それぞれで良いのだと思います。

優しい人は優しさを、力がある人は力を、ユーモアがある人はユーモアを、言葉がうまい人は言葉を、笑顔が素敵な人は笑顔を・・・

自分の持っているものを磨いて、精一杯だれかの喜びのために使っていったら、きっと好かれる存在になっていきますね♪

「運は人が運んでくる」

人の悪口や不平不満ばかり言っている人に、運がいい人はほとんどいないのです。

___

この話は、メルマガ「魂が震える話」で紹介されていました。

メルマガは下記のアドレスから登録できます。

http://rush1000.com/form_if.cgi?id=tamafuru&u=f73f8a0fc37f8746

___

さいとう整形外科リウマチ科の院長 斉藤 究です。

今日のニュース23、スマホ呼吸について特集されていましたね。

「スマホ呼吸」は、猫背で下向きの姿勢を長く取ることで呼吸が浅くなり、息苦しさを感じるようにまでなってしまった症状に対して番組内で使われていた言葉です。

僕もこのブログを書くことも含めて、スマホなしでは仕事が進まなくなっていますが、生まれた時からスマホが存在する世代ではなおさらかもしれません。

人間の体は、普段取っている通りの姿勢を記憶します。

それは、使っている筋肉は鍛わり、使っていない筋肉は萎縮して硬くなってしまうことから起こってきます。

また、いつも取っている姿勢のまま、筋膜は癒着していきます。

人間は体の前面で作業をすることが多いので、デスクワークや台所仕事でも、ただでさえ猫背で下向きの姿勢をとりがちです。

さらに、スマホを使うようになり、立っている間も下向きで猫背になってしまっています。

地下鉄に乗ってもみんなスマホですものね。

確かにスマホは便利なものですが、正しい姿勢で深く良い呼吸をすることは忘れないでいたいものです。

そのためには、座るときには骨盤の尾骨ではなく坐骨で座面に座り、骨盤を立てることです。

立てた骨盤を土台として、背を5センチ伸ばすように背骨を骨盤の上に置き、骨盤の上に重い頭が乗るようにすることで、骨格を活かして頭を支えることができる姿勢になります。

頭の位置が肩よりも前、骨盤よりも前に移動すればするほど、肩や背中の筋肉を使って重い頭を支えなくてはならなくなります。そして猫背になり、肺が潰されて広がらなくなり、呼吸筋も縮んでしまい、十分深い呼吸ができなくなります。

スマホやパソコンを触るときには、まずは骨盤の上に頭を乗せ、その時の目の高さにモニターを持ってくること。できるだけ肩の力を抜いて、深い呼吸を心がけること。同じ姿勢を長時間続けることなく、たまに首や肩、腰を動かすこと。などに気をつけたいですね。

筋肉は、同じ動作を繰り返すこと、同じ姿勢を続けることが一番苦手です。

良い姿勢で深い呼吸ができて、良い血液の循環があって初めて、筋肉に十分な酸素が運ばれるのですから。

硬くなった背筋や大胸筋は、ファシアでほぐして深い呼吸ができる柔らかい体幹を作ってくださいね。

痛みの総合的な診断と治療
さいとう整形外科リウマチ科
名古屋市名東区平和が丘1-10
052-776-3110

トリガーポイント針治療と筋膜リリース
名古屋トリガーポイント治療院
名古屋市名東区一社2-3名東一社ビル1階
052-753-3231

癒しの空間でトリガーポイントをほぐして痛みを予防
斉藤院長監修の全身もみほぐし
リラクゼーションルームファシア
名古屋市名東区一社2-3名東一社ビル1階
052-753-3235

できる限り削らない抜かない歯科治療と肩こり用マウスピース作成
DENTAL OFFICE 斉藤歯科室
名古屋市千種区末盛通3-34
052-763-0878

IMG_6328

IMG_6329

さいとう整形外科リウマチ科の院長 斉藤究です。

今日は初の試み
さいとう整形外科×名古屋トリガーポイント治療院
肩こり講習会
を行いました。

日曜日はお休みの名古屋トリガーポイント治療院を利用しての肩こりセミナー。

治療室のカーテンをめくり上げると、なかなかの講義スペースになりました。

20名近い方に参加していただき、僕からは日常生活における姿勢や動作、緊張が知らない間に首肩の緊張を生んでいること。
正しい姿勢の作り方と呼吸、脱力の仕方、普段から筋肉をしっかりほぐしておくことの大切さ
についてお話させていただきました。

山崎院長からは、筋組織の血流が低下する仕組みや、肩こりの代表的な筋肉である肩甲挙筋や棘下筋の収縮と弛緩方法についてお話がありました。

参加してくれた方達も一緒に姿勢を直したり、深呼吸したり、ストレッチしたり。
あっという間の2時間、とても楽しい時間になりました。

次はさいとう整形外科×名古屋トリガーポイント治療院セミナー第2弾として、10/1日曜日に腰痛セミナーを行います。

キャパが少ないので参加希望の方はお早めにご連絡くださいね!!
お申し込みは、
名古屋トリガーポイント治療院
052-753-3231
まで(o^^o)

痛みの総合的な診断と治療
さいとう整形外科リウマチ科
名古屋市名東区平和が丘1-10
052-776-3110

トリガーポイント針治療と筋膜リリース
名古屋トリガーポイント治療院
名古屋市名東区一社2-3名東一社ビル1階
052-753-3231

癒しの空間でトリガーポイントをほぐして痛みを予防
斉藤院長監修の全身もみほぐし
リラクゼーションルームファシア
名古屋市名東区一社2-3名東一社ビル1階
052-753-3235

できる限り削らない抜かない歯科治療と肩こり用マウスピース作成
DENTAL OFFICE 斉藤歯科室
名古屋市千種区末盛通3-34
052-763-0878

さいとう整形外科リウマチ科の院長 斉藤 究です。

どこにいっても理解されない筋膜の痛み
触って押さえれば、そこに痛みが確認できるのに、お医者さんは触りもしない。
しまいには心がおかしいと言われてしまう。
慢性の痛みを持った患者さんには、そんな経験を持つ方がたまにいらっしゃいます。

痛い場所に触れ、そこに痛みがあることを認めるとともに、痛みを出したきっかけや原因、生活環境やストレス要因についてお伺いしていくだけで、「やっと認めてもらえた」「私は心がおかしかったのではなかった」と涙される患者さんもいらっしゃいます。

痛みを認める
それだけで治る痛みもあります。

さて、今日はメルマガ 「魂が震える話」から、こんなお話のご紹介。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

夫婦円満の秘訣です。

_______

結婚生活を円満にする、とっておきのコツは「感情を示すときは、まず最初のひと言を『共感』から始めること」。

ついやってしまうのが、いきなり助言をしたり、難癖をつけたり、パートナーを怒らせた人をかばったり、話題を変えたり、といった反応。

でも、パートナーが望んでいるのは「共感」してもらうこと。

相手の身になって、気持ちに理解をみせましょう。

「残念だったね。そんなことがあったら、僕もいやだよ。わかるよ、さぞかしイライラしただろうね」

「それはがっかりよね。わかるわ、いつまでもモヤモヤを引きずるわよね」

「そんなことがあったの。それはいい気持ちがしないね」

共感は、実際に体を癒してくれます。

脳は、迷走神経を使って体の臓器を監視し、コントロールしています。

脳が共感を感知すると、迷走神経に信号を送り、心拍数を低下させ血液を下げることによって、体をリラックスさせようとするのです。

_______

最高の子育てベスト55

トレーシー・カチロー 著

鹿田 昌美 訳

ダイヤモンド社

_______

結婚研究家のジョン・ゴットマン氏いわく、結婚生活においてポジティブな交流(笑顔、ほめ言葉など)を、ネガティブな交流よりも多く持つことが大切だと言います。

逆に、家庭をダメにする「4つの言動」というものがありまして、以下の4つを日常的にくり返すカップルは、平均5,5年以内に離婚するそうです。

1、批判 パートナーの欠点について、不満を述べる。

2、軽蔑 相手がまったくのダメ人間であるような、見下した言い方をする。

3、防御 責任を否定する。コントロールできない状況を非難する。
責められるとパートナーの不満を受け止めずに即座に自己弁護をする。

4、妨害 聞いていることを示す合図(相づちなど)をせずに、石のように黙っている。

ということでした。

つまり、この逆をすれば良いということです。

長く一緒にいると、知らず知らずのうちに、そういう態度になってしまうのかも知れませんね。

そういう大切な事に気付かされるお話をご紹介して終わります。

_______

あるご主人が病気で奥さんを亡くされて、初めてキッチンで家事をしたそうです。

そのときにキッチンで食事を作る大変さに、ご主人は初めて気がつきました。

料理を作るためにはメニューを考えたり、買い物をしたりすることも必要だとわかりました。

奥さんが元気だった頃、仕事から帰ってきたご主人は奥さんに、

「まだ、食事ができていないのか?」

と怒鳴っていましたが、奥さんは何の文句も言わずに、

「ビールを飲んで待っていてください」

と言って、ビールを出してくれていたそうです。

そのときの奥さんの姿を思い出して、ご主人は涙が出たそうです。

奥さんが亡くなって初めて洗濯をしたときには、水の冷たさに初めて気がついて、なぜ、奥さんの手が荒れていたのかがわかりました。

寒い日に、笑顔で洗濯物を干していた奥さんの姿を思い出して、こんな大変なことを毎日笑顔でしてくれていたのかと思ったそうです。

どうして、

「毎日、一生懸命に家事をしてくれてありがとう」

と一言だけでも、ねぎらってあげられなかったのだろうかと、とても後悔したそうです。

_______

「小さな幸せに気づく24の物語」

中山和義 著

フォレスト出版より

___

この話は、メルマガ「魂が震える話」で紹介されていました。

メルマガは下記のアドレスから登録できます。

http://rush1000.com/form_if.cgi?id=tamafuru&u=f73f8a0fc37f8746

さいとう整形外科リウマチ科の院長 斉藤究です。

今日は午前中の診療後、いつものラの壱で辛味噌とんこつラーメンを食し、辛い口を残したまま犬山に赴きました。

目的は、芳川屋さんの季節のフルーツパフェ。
今の時期はイチゴたっぷりパフェです。

犬山駅からほど近く、3時過ぎの店の前には長〜い行列が、、、

天気がいいとはいえ、まだまだ冷える3月の終わり。
小一時間ほど並んでお店の看板が見えてきました。

うーん、このパフェの外観、見てるだけでもアガりますね!
甘〜いイチゴたっぷり。
口の中で しゅーっと溶けていく生乳ソフトクリームの甘さが練乳のようにイチゴとマッチしてます(╹◡╹)
幸せ!!

夏は3時間待ちとか、、、
炎天下の中は辛そうですが、十分に待った甲斐のあった満足度でした!!

そして、夜はひさーしぶりの夜遊び。
いつものDJbar shivaでDJしました。

最近観た映画ララランドのオープニング曲から始めて、JAZZかけてボサノバ、ブラジル、ラテンにクラブジャズ、アシッドジャズ、、

そしたらお客さんで来ていたお坊さんDJと知り合いました。
お坊さんでDJ。
僕はお医者さんでDJ。
座禅と姿勢とマインドフルネスの話で盛り上がりました(^-^)
お坊さんは翌朝6時起きで納骨のお仕事。
僕は翌朝6時起きで東京で痛みの勉強です(^^;)
新幹線で寝ていきます(_ _).。o○

ネイルサロンの経営をしている方ともお話をしました。
今度豊田にとてもかわいいお店をオープンされるとのこと。
さすが、女性らしい素敵なセンスですね!

お店のホームページもご紹介させていただきます。
http://petitsourire.jp

リラクゼーションルーム ファシアのスタッフも皆さんのコリをほぐしたくてほぐしたくて、うずうずしてますよ(^-^)
新学期を迎える準備に、身体の疲れはしっかり抜いておいてくださいね╰(*´︶`*)╯♡