愛知県名古屋市名東区一社 トリガーポイント アナトミートレイン リラクゼーション ボディケア アロマケア オイルケア フェイスケア マタニティ マッサージ 指圧 筋膜

 リラクゼーションルーム ファシア

スタッフブログ(カテゴリ:監修の斉藤先生ブログ)

監修の斉藤先生によるブログです。

さいとう整形外科リウマチ科の院長 斉藤究です。

今日は神経障害性疼痛の治療薬 リリカや、慢性疼痛の治療薬 トラマールなどのお薬メーカーであるファイザーで社内講演に呼んでいただきました。

薬剤メーカーの講演では、どのように薬を使い分けるか、自社の薬剤の使いどころは、などを求められることも多いのですが、今日は

「いかにお薬を使わず痛みを治すか」

についてお話してこようと思います。

私自身、開業前に比べて痛み止め関連薬の処方は激減しています。

それは、5年前に開業してから筋肉や筋膜の性質に注目し、トリガーポイントへの注射とリハビリを重視して治療の経験を積んできたからに他なりません。

痛みが身体の広範囲に及び、痛みが強い時期には前出のお薬の力も借りることがあります。しかし、漫然といつまでもいつものお薬ね、と処方し続けるだけの診療はしません。

できるだけ痛みの原因をつきとめ、注射とリハビリで痛みを軽減させ、消失させることを目標として治療しています。

その過程で、これまでロキソニンが手放せなかった頭痛が月に一回注射するだけでよくなったり、沢山の種類のお薬を内服していた人の痛み止めがだんだん減っていったりします。

ロキソニンやボルタレンといった痛み止めでは胃腸障害による潰瘍と出血、小腸の粘膜障害による腸管閉塞、そして腎機能への影響も言われています。

トラマールやリリカは比較的安全に長期に飲めますが、中には吐き気やふらつきの出る方もいます。

いずれにせよ、お薬は少ないに越したことはありませんものね。

自分でも筋肉にできたトリガーポイントを丁寧にほぐすことで、かなりの痛みは軽減できます。しかし、患者さんに自分でやってね、と教えてあげるのですが、なかなか自分ではこまめにセルフマッサージを続けるのはめんどくさいようです。

全身のトリガーポイントをほぐしてくれる場所としてリラクゼーションルーム ファシアをつくったのも、その理由があるからです。

実際に、さいとう整形外科で頑固な肩こりに対して繰り返し注射に通われていた方が、ファシアで全身をほぐしてもらうようになってから注射しなくて良くなった、という声も聞こえ始めています。

いかにコリを溜めず、全身のトリガーポイントをこまめにほぐしておくかが、痛みを予防する第一歩になります。

リラクゼーションルーム ファシアが、痛みの出づらい身体づくりのお手伝いをできれば幸いです。

リラクゼーションルームファシア
名古屋市名東区一社2-3
名東一社ビル1階
★東山線一社駅2番出口から徒歩一分以内
電話︎ 052-753-3235
※予約優先

※LINEでご登録して頂くとお得な情報をゲットできます!ご登録お待ちしております!!
友だち追加

さいとう整形外科リウマチ科の院長 斉藤究です。

なかなか肩こりが治らない
いつも腰が痛む
身体のあちこちがツる

そういった方の中には、知らず知らずのうちにストレスを溜め込んだり、誰も悩みを相談する人がいなかったり、頭の中が悩みでいっぱいになってぐるぐる回っていたり、時には痛み自体がまた悩みになっていたり、、、ということも多く見られます。

身体は心と密接に関係していて、ストレスや悩みでいっぱいだといつも戦闘体制の交感神経が興奮していて、緊張の真っ只中にいます。

緊張は全身の筋肉も常に戦闘準備に入っており、自分で力を抜こうと思ってもなかなか抜けないという方もお見えです。

例え状況が変わらなくても、ほんのひと時だけでも全てを忘れて肩の力を抜いて、好きな音楽を聴き、お風呂にゆったりと入り、夜は楽しい夢を見てぐっすり眠る。

副交感神経を高めて身体をリラックスモードに切り替える。

上手くいかなくても、それは上手くいくための道の途中。決して上手くいかないことがゴールではありません。

僕のクリニックに痛みで悩んで来られる人の中には、自分の身体を上手に休めることができない人もたくさんおられます。

そのため、身体と心の緊張をほぐし、気持ちを切り替える場所として、リラクゼーションルームファシアを立ち上げました。

皆さんの心と身体の緊張をほぐすお手伝いができれば嬉しい限りです。

最後に、メルマガ「人の心に灯をともす」から、こんなお話をご紹介します。

***************

【いつもご機嫌でいる方法】№2363

水谷友紀子氏の心に響く言葉より…

以前、ある出版社の編集者から、「あの~、大変失礼な言い方に聞こえるかもしれないんですが、水谷さんてなんでいつもノー天気なんですか?」と質問されたことがあります(笑)。

また、コーチングのクライアントのみなさんからも「水谷先生って、どうしていつもそんなにご機嫌なのですか?」と言われることも度々あります。

そんなときの私の答えはいつも同じです。

「コーチングの最中とか、もしくは講演やセミナーでみなさんの前で喋っているときとか、つまり誰かとお話ししているときにはそれに集中しているのでやってはいませんが、ひとりでいるときには私は年がら年中自分と喋っていて、自分に『嫌な言葉』をほとんど聞かせないからです」と。

つまり、私はいつも自分自身に向かって「キャ~ッ!上手、上手~つ!」とか、「私ってすごい、すっご~い!」とか、「私ったらなんて天才なんでしょう!」などなど、一日中喋ったり叫んだりしまくってくるのです。

挙げ句の果てには年中「パチパチ!パチパチ!」と自分自身に拍手までしている始末なので、きっと同居している母からすれば「また、ひとりでパチパチやってるわ~」と内心呆れ果てていることでしょう。

残念ながら私たちは無意識に「8割方」心の中にネガティブな言葉を抱いてしまう生き物なのです。

小さい頃から両親をはじめとする周囲の大人たちから聞かされてきた「ネガティブな言葉」が、心の中にビ~ッシリこびりついてしまっていて、それらが次から次へと頭に上がってきてしまうからです。

「ああ、失敗したらどうしよう?」

「どうせ無理に決まっている」

「私なんてなんの取り柄もないのよ」

「私が上手くいくわけがない」

「いつまでこんな貧乏生活が続くのかしら?」

「どうして私ったらいつもできないの?」

などなど…。

そして、こんな言葉を聞きながら、こんな言葉にいつの間にかやっつけられてしまい、ひとり落ち込んでしまっているというわけです。

このような「心のカラクリ」をもうずいぶん前に理解してしまったので、私はいつも自分自身に意識的に話しかけ、「ポジティブな言葉」ばかりを浴びせるようにしたわけです。

「上手、上手~つ!」とか「すっご~い!」などと聞かされて、「嫌~な気分」になる人はまずいないでしょうからね。

そして、私の場合はもう何十年も自分自身に意識的に話しかけ、「キャッキャ!キャッキャ!」と自分自身と遊んでばかりいたので、いまではもうすっかりこれが「癖」「習慣」になってしまったというわけです。

つまり、「落ち込め」と誰かに言われたとしても、その「原因」がほとんど自分の心の中に見当たらないので落ち込みようがなく、従がっていつも「ノー天気」「ご機嫌」な状態に保てるというわけです。

そして、ネガティブな思いをほとんど出さないからこそ、自分の人生にまた楽しいこと、嬉しいことを次から次へと引き寄せることができるわけです。

さあ、今日から意識的に自分に話しかける習慣をつけてください。

もちろん、自分を励ます言葉や褒める言葉も選んでくださいね。

そして、自分自身と上手に戯れる術を身につけて、いつもご機嫌に過ごしましょう!

『「ご機嫌」でいれば、「奇跡」がついてくる!』講談社

ある心理学の先生から聞いた話だが、人はだれも、「愛情袋」という袋を持っているという。

その愛情袋に愛が一杯あふれていないと、他人に、優しさとか、思いやりとか、気づかいといった愛を与えることができない。

愛情袋に愛をためるには、例えば、人からほめられたとき、それを「ありがとう」と言って素直に受け取ること。

「そんなことないです」「いえいえ、たいしたことないですから」と言ったら受け取りを拒否していることになる。

もう一つの愛をためる方法は、自分で自分をほめたり、認めたりすること。

何かうまくいったとき、自分自身に「すごいね!」「やった!」「なかなかやるね!」とほめ言葉をかけるとか、ガッツポーズするとか、自分に拍手する。

愛情袋に愛がたまっていれば、いつもご機嫌でいられる。

いつもご機嫌でいる術(すべ)を身につけたい。

■「人の心に灯をともす」のfacebookページです♪
http://www.facebook.com/hitonokokoro

■【人の心に灯をともす】のブログはこちら
http://ameblo.jp/hiroo117/

さいとう整形外科リウマチ科
院長 斉藤 究

リラクゼーションルームファシア
名古屋市名東区一社2-3
名東一社ビル1階
★東山線一社駅2番出口から徒歩一分以内
☎︎ 052-753-3235
※予約優先

※LINEでご登録して頂くとお得な情報をゲットできます!
ご登録お待ちしております!!
友だち追加

本日のザ・世界仰天ニュースでは、
片頭痛(偏頭痛)が特集されていましたね。

「頭痛持ち」の主婦のケース

頭痛がたびたび起こるために、仕事をしていても笑顔になることができず、職場や家族の人間関係も悪くなってしまうというエピソードが紹介されていました。
テレビの主婦のケースでは生まれたときから心臓にあいていた穴(卵円孔)が開存していたために、セロトニンが脳内に拡散して脳内の血管を収縮して、その後の拡張に伴い頭痛の原因になっていました。
また、卵円孔が開存していると、普通は身体の末梢からの血栓が肺で捉えられるはずが、卵円孔を介して脳に直接運ばれてしまい、若年発症の脳梗塞から卵円孔開存がみるかることもあります。

卵円孔検査を循環器内科でしてもらうことが、仰天ニュースでも紹介されていました。

また、子供の時に「周期性嘔吐症」であった方が、やはりセロトニン過剰で大人になって片頭痛持ちになるケースも紹介されていました。

「私は片頭痛持ちだから」と思われている方はたくさんいらっしゃいますが、その多くの患者さんは、特に病院で片頭痛(偏頭痛)の診断を受けたことのない方が大半だと思います。

しかし、医学的に「片頭痛」と診断されるのは、
・頭痛の前にaura(前兆)と呼ばれる視覚異常、感覚異常、失語性言語障害などの神経症状を認めるもの
・頭痛の前にaura(前兆)は認めないが、頭痛発作中に悪心または嘔吐があるか、光過敏や音過敏などの症状があることが診断の条件となっています。(下記診断基準参照)

私も救急外来で仕事をしている時には、激烈な頭痛で暗室にこもらなければならない重症の片頭痛の患者さんを診察したこともあります。

しかし、日々私のクリニックに訪れる患者さんの筋肉、筋膜のトリガーポイント治療をしていると、「自分は片頭痛持ち」と思われていた方が、実は肩こりや首コリから来る「緊張性頭痛」であることがとても多くみられます。

緊張性頭痛の患者さんでは、背部~肩、首、後頭部の筋肉を丁寧にほぐすことで筋肉の緊張がほぐれると、頭痛も治まることが多くみられます。
私のクリニックでは、後頭部の筋肉にトリガーポイント注射を行い治療しています。

大切なことは、緊張性頭痛でも肩こりでも筋膜は全身つながっているため、頭部や肩だけでなく、全身をほぐすことが重要です。

そのため、緊張性頭痛の患者さんでは、とても痛いときには注射や鍼灸治療で痛みのもととなるトリガーポイントを撃退し、その後全身を丁寧にほぐしてあげると、頭痛が改善するだけでなく、次の痛みの予防にもなります。

一社のリラクゼーションルーム ファシアでも、これまで頭痛持ちだったお客様から、
「ファシアで全身ほぐしてもらったらいつもの頭痛がなくなった」
との喜びの声をいただいております。

頭痛のある方は、まずは医者に受診して、「卵円孔開存」や「本当の片頭痛」でなく、「緊張性頭痛」の診断であるならば、ロキソニンやボルタレンなどの痛み止めをただ飲み続けるのではなく、原因治療として筋肉をしっかりほぐすためにトリガーポイント注射や鍼治療、そして全身を「ファシア」でほぐしてみてください。
きっと楽になりますよ。

さいとう整形外科リウマチ科
院長 斉藤 究

リラクゼーションルームファシア
名古屋市名東区一社2-3
名東一社ビル1階
★東山線一社駅2番出口から徒歩一分以内
☎︎ 052-753-3235
※予約優先

※LINEでご登録して頂くとお得な情報をゲットできます!
ご登録お待ちしております!!
<a href=”http://line.me/ti/p/%40ahf0516w”><img height=”36″ border=”0″ alt=”友だち追加” src=”http://biz.line.naver.jp/line_business/img/btn/addfriends_en.png”></a>

*****************

片頭痛(偏頭痛)の診断基準は以下の通りです。
国際頭痛分類第 2 版 (ICHD- Ⅱ ) の診断基準

1.1 前兆のない片頭痛( Migraine without aura )の診断基準:
A . B ~ D を満たす頭痛発作が 5 回以上ある
B . 頭痛の持続時間は 4 ~ 72 時間(未治療もしくは治療が無効の場合)
C . 頭痛は以下の特徴の少なくとも 2 項目を満たす
 1 .片側性
 2 .拍動性
 3 .中等度~重度の頭痛
 4 .日常的な動作(歩行や階段昇降などの)により頭痛が増悪する,あるいは頭痛のために日常的な動作を避ける
D . 頭痛発作中に少なくとも以下の 1 項目を満たす
 1 .悪心または嘔吐(あるいはその両方)
 2 .光過敏および音過敏
E . その他の疾患によらない

1.2.1 典型的前兆に片頭痛を伴うもの( Typical aura with migraine headache )
A . B ~ D を満たす頭痛発作が 2 回以上ある
B . 少なくとも以下の 1 項目を満たす前兆があるが,運動麻痺(脱力)は伴わない
 1 .陽性徴候(例えばきらきらした光・点・線)および・または陰性徴候(視覚消失)を含む完全可逆性の視覚症状
 2 .陽性徴候(チクチク感)および・または陰性徴候(感覚鈍麻)を含む完全可逆性の感覚症状
 3 .完全可逆性の失語性言語障害
C . 少なくとも以下の 2 項目を満たす
 1 .同名性の視覚症状 または片側性の感覚症状(あるいはその両方)
 2 . 少なくとも 1 つの前兆は 5 分以上かけて徐々に進展するかおよび・または異なが引き続き 5 分以上かけて進展する
 3 .それぞれの前兆の持続時間は 5 分以上 60 分以内
D . 1 . 1 「前兆のない片頭痛」の診断基準 B ~ D を満たす頭痛が,前兆の出現中もしくは前兆後 60 分以内に生じる
E . その他の疾患によらない

feature-img01

さいとう整形外科リウマチ科の院長
斉藤 究です。

この度、地下鉄一社駅のリラクゼーションルーム ファシアの監修をさせていただきました。

整形外科医がリラクゼーションのプロデュースというのはとても珍しいことかと思いますが、これも私のクリニックでの治療経験から強く必要性を感じてのことでした。

さいとう整形外科リウマチ科を開院してもうすぐ5年。
毎日数多くの痛みを訴える患者さんの筋肉を触診し、トリガーポイント注射で治療してきました。
今では、名古屋市だけでなく愛知・岐阜・三重、時には静岡、大阪などの他府県からも「筋膜性疼痛」の治療を求めて患者さんがやってこられます。

筋膜性疼痛は、特に変わった動きをしていなくても起こります。
それは、パソコン作業やスマホなどで身体に無理のかかる不良姿勢を無意識に続けていたり、
毎日同じ動作の繰り返しで同じ筋肉を使い続けた結果であることがほとんどです。
慢性の頭痛、肩こりや腰痛、膝痛なども筋膜性疼痛の代表的なものです。

筋膜性疼痛が身体のどこかに発生すると、
その筋肉はトリガーポイントを形成して本来持った力を発揮できなくなるため、筋力も低下してしまいます。
そして、身体の他の部分の筋肉がそれをかばうように過剰に働くため、その筋肉までもがまた筋肉疲労に陥り、トリガーポイントを形成してしまいます。
そうして身体のあちこちに押さえると痛いトリガーポイントを形成し、”あちこち痛い”という状態になってしまいます。

そういった患者さんを毎日注射で治療していますが、もっと早い段階で筋肉をほぐしておけば、ここまで痛くならなかったのに、と思う患者さんもたくさんお見えになります。

筋肉は全身で引っ張りあっこをしているため、肩こりといっても肩だけほぐしていればよいのではありません。
肩こりが後頭部のコリが原因であったり、腰痛がふくらはぎのコリが原因であることもよくあります。
そのため、定期的に全身をほぐすことで、自分でも気づいていなかったコリが見つかり、それを早い段階でほぐしておくことが、痛みを未然に防ぐことにつながります。

リラクゼーションルームファシアでは、僕のコンセプトをもとにトリガーポイントや筋肉・筋膜のつながりを学んだセラピストが全身をほぐします。

疲れやコリが痛みに変わる前に、定期的に全身のトリガーポイントをほぐしておく。
月に1度のからだメンテナンスに、リラクゼーションルーム ファシアを活用していただければ幸いです。

さいとう整形外科リウマチ科
院長 斉藤 究

リラクゼーションルームファシア
名古屋市名東区一社2-3
名東一社ビル1階
★東山線一社駅2番出口から徒歩一分以内
電話︎ 052-753-3235
※予約優先

※LINEでご登録して頂くとお得な情報をゲットできます!ご登録お待ちしております!!
友だち追加