愛知県名古屋市名東区一社 トリガーポイント アナトミートレイン リラクゼーション ボディケア アロマケア オイルケア フェイスケア マタニティ マッサージ 指圧 筋膜

 リラクゼーションルーム ファシア

新着情報

新着情報一覧です。

こんにちは、片岡です(^^)

ここのところ、ぐっと!寒くなりまたね!!

ダウンを着ようか、もう少し我慢しようか

ずっと迷っていた片岡ですが、急に寒くなったので

3日前にとうとうダウンデビューいたしました(笑)

では秋の記事をまだ書いているヘボな私ですが、

今日もよろしくお願いいたします!!

 

 

さて

『秋バテ』シリーズ、今回の運動編が

最終回と申し上げておりましたが、

書ききれず運動編②を出し最終回の予定です。

今までの記事を

まだ読んでないよ!という方はこちらから

『秋バテ』ってご存知ですか?

『秋バテ』対策~睡眠編①♪

『秋バテ』対策~睡眠編②♪

『秋バテ』対策~食事編①♪

『秋バテ』対策~食事編②♪

『秋バテ』対策~食事編③♪

『秋バテ』対策~食事編④♪

 

 

睡眠編、食事編ときましたので

自律神経にまつわる睡眠と

運動についての関係を調べてみました。

 

 

□適度な運動は睡眠を助ける?

 

運動が睡眠に与える影響やその仕組みは

解明されていませんが、運動習慣のある方は、

そうでない方よりも睡眠に満足している

傾向にあるそうです。

 

 

 

運動をすることで、血流が改善するのでは

ないかと考えられています。

デスクワークや車の運転をする方など、同じ姿勢を

長くとり続ける方はどうしても血流が悪くなり

がちで疲労物質がたまりやすくなってしまいます。

対策としてはこまめに動くことが大切だそうです。

 

 

 

ですからストレッチなども良いですが、

最も効果的なのは「歩く」ことらしいです。

足の筋肉を動かすミルキングアクションという

機能により、血流が改善します。

 

 

ミルキングアクションとは何?という方は

こちらをご参照くださいませ。

ミルキングアクション

 

「ミルキングアク...」の画像検索結果

 

私はデスクワークなどで長時間ずっと同じ姿勢を

されているというお客様にはトイレに行ったり、

何か必要な書類を取りに行ったりして、少しでも

動いてみてくださいとアドバイスしています。

 

 

 

例えば書類などの保管場所の移動が可能ならば、

デスクを離れて取りに行く必要性が生じる場所に

変えて必然的に動くとか(笑)

可能な範囲で実践してみてくださいませ。

 

 

オフィスの中を少し歩くくらいでも十分効果が

あるそうです。

私も家の中でも、職場でもこまめに動くことを

心がけます🎵

 

 

ファシアでもふくらはぎが硬いかたは

よく丁寧にほぐすのですが、お家でも毎日、

少しでもほぐすと違ってくると思います🎵

 

 

そしてもうすぐお正月ですね🎍

(その前にクリスマスもありますが)

 

 

幼い頃我が家では、おせちの黒豆を口に運ぶときは

「今年もまめまめしく動けますように。。。。」と

唱えてから頂いていました。

余談ですがお煮しめの蓮根は穴を覗きながら

「見通しがよい年となりますように。。。。」

とかダジャレのようなおせちタイムでした(笑)

我が家だけの習慣でしょうか??

 

 

来年、黒豆をいただくときは力!を入れて

唱えてみようと思います(^^;

皆さまもぜひ!

“こまめに動く”

を実践してみてくださいませ(*^^*)

 

追伸:

おせちの具材の話で他の具材の唱和を

聞いてみたい方はお気軽に

お尋ねくださいませ(^.^)🎵

 

 

 

 

こんにちは、片岡です(^^)

まずはお詫びを。

すっかり季節は冬なのに

秋バテシリーズ終わってなくて

すみません(>_<)

超特急で書きます!(言い回しが古い?)

 

 

 

さて

『秋バテ』シリーズ食事編は今回④で終わり、

そのあと運動編をお送りして終了予定です。

まだ読んでないよ!という方はこちらから

『秋バテ』ってご存知ですか?

『秋バテ』対策~睡眠編①♪

『秋バテ』対策~睡眠編②♪

『秋バテ』対策~睡眠編③♪

『秋バテ』対策~食事編①♪

『秋バテ』対策~食事編②♪

『秋バテ』対策~食事編③♪

 

 

 

 

前回、おすすめレシピをお伝えしましたね。

私、作ってみましたーー!(^^)/

 

 

美味しそうに出来たら?upをと

思っておりましたが、残念ながら

見た目がイマイチなんです(>_<)

しかし、味はとっても良かったので

恥ずかしながらupすることに致しました(..)

 

 

 

☆鶏胸肉と野菜のレモン🍋蒸し☆

 

材料と作り方の詳細は前回の記事にリンク先を

貼り付けていますので、ご参照くださいませ♫

 

 

では、まずは材料の下ごしらえ

 

 

 

 

 

 

 

 

色とりどりで綺麗です😊

ちなみに鶏むね肉は下味をつけて

寝かせてます。

 

 

 

さて次は材料を重ねて蒸し煮にします。

 

 

 

 

 

 

 

まだ色鮮やか!🎵

 

 

 

 

いよいよ出来上がりです。

 

 

 

 

 

 

 

 

ズッキーニの緑が蒸したら緑で

なくなってしまいました💦

鶏むね肉は皮なしを選んだので

少しパサつきました😅

そのかわりスープはあっさりしていて

飲み干せたほど。

好みですが、皮つき鶏むね肉でも

良かった気がしました。

 

 

始めにお知らせした通り見た目は

残念な感じですか、味はアジアンぽくて、

野菜もたっぷり食べられてヘルシー🍀

 

いつもの蒸しただけより味のレパートリーが

増えて、鶏むね料理が食べやすくなりました。

 

 

良かったら皆さまも、作ってみて下さいませ🎵

ご感想お待ちしております(^-^)/

こんにちは、片岡です(^^)

今日は午後から曇り空でしたね。

 

 

 

さて

『秋バテ』シリーズは

食事編に突入しております。

まだ読んでないよ!という方はこちらから

『秋バテ』ってご存知ですか?

『秋バテ』対策~睡眠編①♪

『秋バテ』対策~睡眠編②♪

『秋バテ』対策~睡眠編③♪

『秋バテ』対策~食事編①♪

『秋バテ』対策~食事編②♪

 

 

 

『食事編③』ということで

みつけましたー!!

おススメメニュー🍳

疲労回復を助ける、美味しそうな💕

レシピをご紹介いたします。

 

 

 

私の一押し!!👍

☆鶏胸肉と野菜のレモン蒸し☆

 

鶏むね肉には、自律神経の疲労回復に役立つ成分、

イミダペプチドが豊富で、レモンに含まれる

クエン酸を加えることで、さらに効果がアップ!

水を加えず煮込み、肉と野菜の旨味と栄養たっぷりの

煮汁をかけていただくとGOOD♫

らしいです(笑)

『LIKE LIKE KITCHEN』主宰の人気料理家・小堀紀代美さんのレシピ

 

 

私も作ってみます!!

美味しそうに出来たら写真アップしますね(*^^*)

 

こんにちは、片岡です(^^)

今日も秋晴れの良いお天気ですが、

最近朝が寒いのでついに!

ちょこっと♥暖房を入れてます。

秋を感じつつも、朝晩の冷え込みは

冬の足音👣👣👣のようです。

 

 

 

 

ですから本格的な冬が来てしまう前に

『秋バテシリーズ』をお届けせねば!と

少々焦っている私です(;’∀’)

 

 

前回から『秋バテ』シリーズは「睡眠編」が終わり、

「食事編」に突入しております。

まだ読んでないよ!という方はこちらから

『秋バテ』ってご存知ですか?

『秋バテ』対策~睡眠編①♪

『秋バテ』対策~睡眠編②♪

『秋バテ』対策~睡眠編③♪

『秋バテ』対策~食事編①♪

 

 

 

今日は食事から疲労回復に役立つ情報その②を

ご紹介いたします♪

 

 

 

□エネルギー効率を高めるクエン酸♪

 

皆さま、疲れた時

「酢の物が食べたい!」とか

「梅干し食べたい!」とか

「お鮨、食べたい!」とか

思ったことありませんか?

私はお鮨、よくあります!

お鮨好きなのでこれは私だけかも?(笑)

 

 

あと学生時代の体育系クラブ活動で

“レモンのはちみつ漬け”とか

タッパに入れて持っていき休憩時間に

食べて練習に励んだこととか、、、、

ありませんか?

 

私は、クラブ活動をそれほど熱心にしてなかった

ですが、夏はタッパに甘酸っぱいレモン🍋を

入れていった記憶があります。

懐かしい。。。。🌞

 

 

 

レモンなどの柑橘類、梅干し、お酢などの

「酸っぱい」食材に多く含まれる

「クエン酸」も、疲労回復効果がある成分です。

 

 

 

 

 

 

 

クエン酸には、生命活動に使われる

体のエネルギーをつくり出す手助けをする

働きがあるそうです。

クエン酸を多く取ることでエネルギーが産出され、

疲労が軽減するとのこと。

食欲がない方や、ダイエット中の方は特に

エネルギー効率を高めることができるので

おススメだそうです。

 

 

クエン酸の取り方としては単独では

あまり効果がないそうで

疲れを感じる前に日常的に、

「イミダペプチド」と「クエン酸」を

組み合わせて摂るのがベスト♪♪らしいです。

 

 

 

 

私がすぐ浮かんだメニューは

“鶏の胸肉甘酢あんかけ”

美味しそう♫(一人ツッコミです(^^;)

 

他にも疲労回復を助けてくれる

美味しそうな💕メニュー探してみますね!

次回をお楽しみに(^^)/

 

 

こんにちは、片岡です(^^)

今日もいいお天気♪ですね。

 

 

今回から『秋バテ』シリーズは「睡眠編」が終わり、

「食事編」に突入しております。

まだ読んでないよ!という方はこちらから

『秋バテ』ってご存知ですか?

『秋バテ』対策~睡眠編①♪

『秋バテ』対策~睡眠編②♪

『秋バテ』対策~睡眠編③♪

 

 

 

 

 

 

さて、

『秋バテ』対策シリーズをつたないながらも

お届けしていますが、これまでのことを

少し整理しますと、

 

 

体内時計を整える

睡眠の質が上がる

自律神経の疲労が回復

『秋バテ』予防につながる

 

 

とてもシンプルですね。

やはり大切なことはシンプルだと改めて思いました(^^)

 

 

このように体内時計を整えながら、

同時に日中の疲労を少しでも軽くすることも

大切だそうでその一つに食事から疲労回復を

助けることも出来るそうなんです!

 

 

 

 

では今回は食事から疲労回復に役立つ情報を

ご紹介いたします♪

 

 

□食事で疲労回復を助ける成分を摂る

 

おすすめは「イミダペプチド」が多く含まれる

“鶏の胸肉”

 

 

鶏の胸肉には抗酸化作用がある

「イミダペプチド」という

成分が大量に含まれています。

 

イミダペプチドは疲労の原因となる

細胞の酸化を防ぐ働きがあり、

結果的に疲労を軽減することに

つながるそうです。

 

 

1日量としてイミダペプチド200㎎

摂取すると、疲労を軽減することが

臨床試験で明らかとなり、

論文発表されているそうです。

 

 

鶏の胸肉で摂る場合は1日100gを

目安にすればいいそうです。

他にも、マグロやカツオなどの大型魚にも

イミダペプチドが含まれているそうですよ♪

 

 

イミダペプチドについてもう少しお伝えすると、

 

 “イミダペプチド”とは・・・

疲れの原因ともなる“活性酸素”の働きを抑え、疲労回復を手伝ってくれる成分。
すべての生物が持っている成分で、一番疲れやすい場所に最も多く含まれる。
(例)人間→脳  鶏→胸  回遊魚→尾びれの付け根

<主な食品のイミダペプチド含有量(100g中)>

鶏むね肉  1223mg
豚もも肉   833mg
牛もも肉   265mg
カツオ    811mg
マグロ    767mg

※資料参考:日本予防医薬

 

 

 

こうやってみるとイミダペプチド含有量は、

鶏の胸肉がダントツですね!!

 

 

私も早速摂っています♪

私は鶏の胸肉を大根おろしの汁で煮ています。

そうするとパサパサしがちの胸肉がしっとり、

柔らかくなりとても美味しくいただけます😊

 

 

手作り鶏胸肉ハム(家で作るので添加物不使用)

とかスープとか、ほっとけば出来ているという

簡単調理で作って摂っています(笑)

 

 

 

 

 

 

 

今、鶏の胸肉を食べ始めて1週間くらいです。

残念ながら、摂れない日もありました(-_-;)

ですが!まだ続けて見ようと思います!

もう少しでハロウィンですが、さっそく魔女に挨拶された高橋です。

魔女と言っても、腰に一撃をくらわす、あの魔女です!

 

早めの処置が大事だな、とつくづく実感しています。痛みが翌日に軽減したのは、ファシアの筧店長と、お隣の鍼灸師の適切なケアのおかげです(泣)

最近、腰が張っていたのは分かっていましたが、そういう時は、油断すると一撃をくらいますね。

 

ところで、皆さんは背中とお腹の関係、うまくいってますか?

魔女は、私の腰だけでなくお腹までつついてきました。

なぜ一撃されたかを思い起こすと、負担がある同じ動きを続けたことでした。筋肉は、使いすぎても使わなさすぎても凝ったりしますが、今回は使い過ぎた方です。

 

使い過ぎたあとにストレッチなどをしていれば、一撃を予防できたかもしれないと反省しておりますが、お腹までつつかなくても・・と思いました。

単純に、私の腹筋が弱かったのもありますけどね・・。

 

自分のお腹を触りながら、ちょっと気づいたことがあります。お腹は肋骨から下に骨がなく、筋肉しかないんです(脂肪はありますが)。

私を支えているのは骨格の背骨と、お腹も重要な役目を果たしているんだ、と改めて感じました。。

 

例えば、腹筋を使わない座り方をしていたら、立ち上がった時に腰が痛いなどよくあるパターンですが、腹筋と腰はワンセット、だという発見です。

 

そして、いつもは触られたくないお腹ですが、痛い時は触ってほしいもんだなぁと、筧店長にマッサージされながら思いました。

 

皆さんも、腰がつらい時は腹筋を意識してみてくださいね。

腰とお腹のワンセット、ファシアでもほぐしますよ。

 

高橋

おはようございます、片岡(^^)です。

今日は曇り空で肌寒い日ですね。

 

 

 

さて、以前の記事

『秋バテ』対策~睡眠編①♪で朝の過ごし方、

『秋バテ』対策~睡眠編②♪で夜の過ごし方

についてご紹介しました。

まだ読んでないよ!という方はこちらから

『秋バテ』ってご存知ですか?

『秋バテ』対策~睡眠編①♪

『秋バテ』対策~睡眠編②♪

 

 

 

朝は朝日を浴びるのをおススメしましたが、

夜は光、灯りの調整についても

おススメなのでご紹介します♪

 

 

 

□光、灯り(照明器具)の調整

 

 

夜間の照明器具の使い方で理想としては、

寝る2時間前になったら、室内の照明を

白い光から赤い光(白熱電球の色)に

切り替えるといいそうです。

 

 

 

蛍光灯等などの白や青の光が安眠の大敵で、

夜、寝る前の時間に白い光や青い光

(スマホなどから発せられるブルーライトも!)を

見つめていると脳がどんどん覚醒してしまう

ことが、さまざまな研究の結果として

わかっているそうです。

 

 

 

夜間は暖色系の間接照明に切り替えるのも

すごくおススメです♪

 

 

 

私はお風呂に入る前に、天井の蛍光灯を消して、

フロアランプを幾つか灯します。

 

 

気持ちに余裕がある時はキャンドルも♪♪

 

 

お風呂でリラックスしたあと、部屋に戻ると

温かい光やキャンドルの灯で、部屋は自分でも

驚くほど!(笑)くつろげる空間に変身しています(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ほんとは余裕がある時でなくて、

無いときこそ、キャンドル🕯️を灯してみると

いいかもしれません(自分に言い聞かせてます(^^;)

 

 

 

快眠のための夜の過ごし方、

よろしければお試しくださいませ🍀(*^^*)

 

 

こんにちは 筧です😊

 

 

 

おかげさまで、

ファシアは来月 3周年 を迎えます✨

みなさまのご愛顧のおかげです。

いつもありがとうございます!!

 

 

 

そこで、日頃の感謝を込めて

LINEクーポンをお送り致します。

 

 

 

LINEをご利用のお客様は

ぜひ お友だち登録 をしてくださいませ。

 

 

 

友だち追加

 

 

 

そして、メッセージを受け取れる設定 

しておいてくださいませ。

(メッセージでクーポンをお送りするため、

ブロックの状態ではクーポンが受け取れません 😢

 

 

 

今回は大盤振る舞いです😆

1000円割引 のクーポンと

1500円割引 のクーポンと

2枚お送り致します。

 

 

 

まずは、1000円割引のクーポンを

11月中お好きなタイミングで

ご利用くださいませ☺️

 

 

 

そして、1500円割引のクーポンは

11月中に2度目のご来店時 

ご利用いただけます✌🏻

 

 

 

いつもは1ヶ月に1回のペースで

ご利用いただいている方も、

11月はぜひ2回ご予定を空けてくださいませ!!

 

 

 

当たり前かもしれませんが、

1ヶ月に2回ご利用いただきますと

お身体がほぐれる感じを

さらに感じていただけると思います。

 

 

 

ぜひ味わっていただきたく、

2枚のクーポンを

お送りすることに致しました🎟🎟

 

 

 

わからないことがありましたら、

お気軽にお問い合わせくださいませ💁🏻‍♀️

 

 

 

📞 052-753-3235

📱 オンライン予約はこちら

こんにちは、片岡(^^)です。

今日は秋晴れの気持ちいいお天気ですね。

 

 

さて、

前回は朝の過ごし方についてご紹介しました。

まだ読んでないよ!という方はこちらから

『秋バテ』ってご存知ですか?

『秋バテ』対策~睡眠編①♪

 

 

 

では今日は夜の過ごし方について色々調べたこと、

私の実践していること等、ご紹介いたします。

 

 

 

□入浴のすすめ

 

この夏は特に酷暑でしたので、シャワーで済ませ

られた方も多かったのではないかと思います。

私は夏でもお湯に浸かる派で、ほんの5分でも

必ず浸かります!!

疲れの取れ方がだいぶ違うと私は感じています。

もう秋になり、肌寒くなったので皆さまも

お湯に入りやすくなったのではないかと思います(^^)

 

 

では快眠へのお風呂の入り方、

どこかでお聞きになったことが

あるかもしれないほどのことですが、、、、(^^;

 

 

まず、お湯の温度が熱いお湯だと汗をかき、

自律神経が疲れてしまいすので、

38度~40度くらいのぬるめのお湯をバスタブに

張り、5分~10分入るのが理想的だそうです。

 

 

 

ぬるめのお湯なら疲れず、体の奥の深部体温を

あげることができ、眠りに入るころ深部体温が

下がって深い眠りに入りやすくなります。

 

 

 

この深い眠りは深部体温

上げて、下げる(下がる)

この高低差がミソ!(ポイント)です♪

 

 

 

ミソは表現が古かったでしょうか(^^;

だいたい入眠の2時間前ぐらいが良いようです。

ぜひ、お試しくださいませ(*^^*)

 

 

 

 

こんにちは、片岡です(^^)

めっきり涼しくなりましたが、

皆さま、いかがお過ごしでしょうか。

 

さて、『秋バテ』対策を色々実践している片岡です。

 

まだ読んでないよという方はぜひこちらから↓

『秋バテ』ってご存知ですか?

 

 

上の記事でご紹介した

東京疲労・睡眠クリニック 院長 梶本修身先生が

おっしゃっている睡眠の大事さについて

共感するところがたくさんあります。

 

 

自律神経の疲労を取るためには

良質な睡眠♪だということ、

その為に朝の行動が大切だとおっしゃっています。

 

簡単で具体的な方法を一部ですが、ご紹介します。

それは私もずっと昔からやっていて良いと思われる習慣です。

 

 

□自律神経を目覚めさせる為のスイッチの入れ方

 

・朝日を浴びる

これは私は20年来オートマチックに

やっている行動ですが、

朝起きたらいの一番に!

カーテンを開けに行きます!

眠い日は這ってでも(笑)

 

そんなたいしたことではないのですが、

大事な体内時計リズムのスイッチを入れるのに

朝日を浴びるだけでいいのか!と思って

実践しています(笑)

 

 

 

 

 

 

・朝食を食べる

これは恥ずかしながらあまりできてないのです(._.)

しかしながら温かいもの(みそ汁、スープ、しょうが紅茶等々)と

果物を少しいただけるようになりました。

朝食とはいえないとは思いますが、リズムのスイッチを

入れるのに少しは役立っているのではないかと(^^;

 

 

「な~んだこんなことか」

それならやってるというお声も

多々あるかと思います。

 

 

もしまだの方がいらっしゃいましたら、

 

まずは、朝!

実践してみられるはいかがでしょうか?

時間もあまりかかりませんし、

お金もかかりません(笑)

 

1ミリでも貴方のお役に立てたら幸いです(*^^*)

 

 

また当サロンを監修くださっている

斉藤整形外科院長の斉藤先生も、常日頃から

『脱力』『休息』が大切で芯からリラックスして休むこと、

これらのことを色々な角度からご教授くださいます。

このことをいつも胸にとめていますから

梶本先生の記事も目に留まったように思います。

 

 

良質な『睡眠』はご自宅で、

究極の『休息』はファシアで

お身体のケアと共にお過ごしいただけるよう

これからも努めて参ります。

 

気温差が激しい季節の変わり目ですから

免疫に働きかけてくれる

自律神経を整えてくれる

これらの精油の出番が多いです。

この時期、アロマケアもおススメです(*^^*)